インプレッサスポーツのおすすめアクセサリー!電源・ソケット情報をご紹介!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

車で旅行をするとき、車の電源でスマホやデジカメのバッテリーが充電出来ると便利ですよね。

『インプレッサスポーツを旅行で使いたい』という方は、インプレッサスポーツの電源やソケットがどうなっているのか気になると思います。

この記事ではインプレッサスポーツのおすすめアクセサリー・電源・ソケット情報をご紹介しています。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのアクセサリー・電源情報

インプレッサスポーツのアクセサリー・電源についてですが・・・

そもそもアクセサリー電源とはなにか

ということから説明していきたいと思います。

よくACC電源という表記を目にしますよね。

インプレッサスポーツのエンジンをかけるとき、プッシュスタートボタンを1回押すと入る電源がACC電源になります。

車も電気が走っているからこそ、電装品が使用できるようになるわけですが、常時電気が走っているわけではありません。(ドライブレコーダーの駐車監視システムのように、常時通電する電装品もあります)

アクセサリー電源の目的は、車内に乗ったときだけに通電する、というシステムを利用し、車内で様々な電装品を使用できるようにすることです。

このアクセサリー電源の一番簡単な利用法は、電源ソケット(DC12V)から取り出すことです。

ただ、この方法で電源を利用する場合、車内で配線が見えてしまい、見栄えがあまり良くないというデメリットがあります。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

この問題を回避するには、ヒューズボックスからアクセサリー電源をとる方法と、ACCオンで通電する電装品の配線から電源をとる方法の2つがあります。

私は上記のように、ヒューズボックスや電装品から電源を取る作業をしたことがありますが、なかなか大変な作業になります。

しかし、難易度は上がりますが、配線が上手く隠れるので見栄えがとてもよくなります。

上記2つの方法のうち、ヒューズボックスから電源をとる方法は比較的簡単なので、紹介していきたいと思います。

インプレッサスポーツのヒューズボックスは、運転席のハンドル右下にある、コインボックスを取り外すと確認出来ます。

引用:https://www.subaru.jp/afterservice/tnst/pdf_wrxsti/3/6.pdf

ボックスを取り外したら、そのヒューズボックスの中から、ACCオンで通電する箇所から電源を取り出せばOKです。

テスターと呼ばれる機械を使い、ACCオンで通電する箇所を探っていくのが本来の探し方となります。

私はテスターは持っていなかったので、有志の方がすでに紹介しているブログ等で確認し、おすすめのACC電源の情報を見つけて、それを参考に電源を取りました。

調べた情報では23のヒューズからACC電源がとれるようです。

引用:https://www.subaru.jp/afterservice/

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのアクセサリー・ソケット情報

ソケットの利用は車から電源を確保する最も簡単な方法となります。

インプレッサスポーツのアクセサリー・ソケット情報どうなっているのでしょうか。

紹介していきたいと思います。

インプレッサスポーツ:センタートレイ&USB電源

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

インプレッサスポーツのソケットはフロントに二箇所あります。

センターコンソールの真下あたりとシフトノブの奥の二箇所です。

小物の収納に便利なセンタートレイと、スマートフォンなどの充電が可能なUSB出力電源(DC5V)や電源ソケット(DC12V)を備えています。

これで大体事足りるかと思いますが、これ以上にソケットが欲しい方は、カー用品店で購入出来る2又や3又に分岐できるソケットを購入して、そこから利用するという選択肢もあります。

引用:https://www.monotaro.com/p/4014/7694/?utm_medium=cpc&utm_source=Adwords&gclid=EAIaIQobChMItt2W3L_03wIV2TUrCh1kyQPREAYYAiABEgKIQ_D_BwE

さらに電源が必要な方は、上記で紹介した直接ヒューズボックスから電源を取る方法で、アクセサリーソケットを増設する必要があります。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのおすすめアクセサリーはこれ!

続いて、インプレッサスポーツのおすすめアクセサリーを紹介したいと思います。

私のおすすめするアクセサリーは、スバル純正のアクセサリーです。

理由は、やはりフィッティングになります。

後付アクセサリーは純正に比べてフィッティングがどうしても微妙になります。

純正アクセサリーはその車種のためだけに作られているので、フィッティングはバッチリなんですよね。

インプレッサスポーツアクセサリー:LEDアクセサリーライナー

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/exterior/

LEDアクセサリーライナーの価格は30,240円。

走行中の対向車からの視認性が向上、さらに存在感をアップさせるためのアクセサリーです。

LED仕様で消費電力は少ないですが、使用しないときには車内運転席右下のスイッチにてオンオフが出来ます。

夜間走行時、たまに見かけますがやはり目立ちますね。

視認性の向上はかなり効果があります。

わざわざ電装系ショップで取り付ける方もいますが、オプションで設定されているのは嬉しいですね。

インプレッサスポーツアクセサリー:リヤバンパーパネル

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/exterior/

リヤバンパーパネルの価格は34,020円。

リヤビューからの存在感をアップさせてくれるアクセサリーです。

シルバー塗装のアクセントがしっかりとリアを引き締めてくれる、とても洗練されたデザインです。

ノーマルのリアフォルムに満足出来ない方にはおすすめのアクセサリーです。

インプレッサスポーツアクセサリー:テールゲートガーニッシュ(メッキ調)

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/exterior/

テールゲートガーニッシュ(メッキ調)の価格は14,040円。

リヤバンパーパネルとセットで交換することでさらに一体感が生まれ、シルバーのメッキ調ガーニッシュが存在感を放ってくれます。

コンパクトスポーツながら、リヤからの眺めは圧巻で迫力が増します。

インプレッサスポーツアクセサリー:ドアアンダーガーニッシュ(メッキ調)

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/exterior/

ドアアンダーガーニッシュ(メッキ調)の価格は26,460円。

リアだけでなく、サイドにもシルバーのアクセントがあることで、一体感が増し、特別な一台として存在感を放ってくれるアクセサリーです。

主張しすぎないラインの大きさであり、ドアの下部にあることで控えめでもしっかりと主張していることが、個人的にとても気に入っています。

インプレッサスポーツアクセサリー:ドアミラーオートシステム

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/driveassist/

ドアミラーオートシステムの価格は14,040円。

車を降りてドアロックすると自動でドアミラーを畳んでくれるアクセサリーです。

こちらのポイントは、ドアロックがかかっているかをドアミラーを見て判断出来ることと、駐車中に不要な傷から車体を守る効果もあることです。

手動でドアミラーを畳んで降りて、乗ったらまた開いて・・・とやるのは面倒ですよね。

こちらを装着することで、その面倒な手間が省けますし、不要な傷から車体が守れるというメリットがあります。

インプレッサスポーツアクセサリー:ドライブレコーダー

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/driveassist/

SUBARU純正ドライブレコーダーの価格は56,484円。

最近、ニュースで話題となっている、あおり運転や高齢者による逆走での事故など。

そういった事件や事故にもしも遭遇してしまったときに、自分の身を守るためにもぜひ装着して欲しいアクセサリーです。

最近、かなり問題視されている事案ですので、個人的にドライブレコーダーは標準装備に是非して頂きたいなと思うアクセサリーの一つです。

ドライブレコーダーの装着が当たり前になれば、無謀な運転をする人は確実に減ると思うのですが・・・

インプレッサスポーツのおすすめアクセサリー・電源・ソケット情報まとめ

インプレッサスポーツのおすすめアクセサリー・電源・ソケット情報についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

アクセサリー電源を増設しようとした際には、ヒューズボックスからとることで、車内の配線もすっきりとして見栄えもよくなりますのでおすすめです。

この場合、くれぐれも感電事故等には十分気をつけて作業を行っていただければと思います。

快適装備で充実したインプレッサスポーツライフを送ってくださいね。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/interior/

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク