インプレッサスポーツのオイル交換時期は?オイル量やオイル粘度情報!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

踏めば応えてくれるスバル・インプレッサスポーツ。

そんなインプレッサスポーツのオイル交換時期やオイル量、オイル粘度はユーザーであれば気になってしまうと思います。

この記事ではインプレッサスポーツのオイル交換時期やオイル量、オイル粘度についてご紹介しています。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのエンジン不調対策!オイル交換時期はいつ?

スバル・インプレッサスポーツのエンジン不調によるトラブルは口コミで多く寄せられいます。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

中でも、

  • エンジンが始動しにくくなる
  • アイドリング中にエンストする
  • 停車から発進しようとするとエンストする

というような口コミが多かったです。

原因は様々あるようなのですが、トルコンと呼ばれるロックアップ回路がゴミ(スラッジ)により詰まり,ロックアップが解除できずにエンストするとのことです。

尚、対策部品があり、それをつけることでゴミが入らなくなり、対策することができるそうです。

他にもインプレッサのエンジントラブルに関して色々と情報がありました。

昔のモデルからインプレッサはトラブルが発生しやすい車としては有名のようです。

特に

  • エンジンオイルの滲み・漏れ
  • ブーストがかからずパワーが出ない

というトラブルが多いです。

また、2016年10月3日から2016年11月18日に設計された車体において、バッテリーのセンサー異常によりバッテリーの充電不良や早期劣化などを招くことがあるという内容のトラブルも報告されています。

どちらにせよ、一般ユーザーではどうすることもできませんので、走行中に異変を感じた場合は安全な場所に停車してから、お近くのスバル・ディーラーか工場へ連絡して、対応方法を仰ぐことが最良かと思われます。

そういった異変を早期に発見するためにも、日頃からのメンテナンスは大事になってきます。

特に、エンジンオイル交換は車の状態を知るのにもっとも手軽な手段ではないかと私は思います。

インプレッサスポーツのエンジンオイル交換時期

インプレッサスポーツのエンジンオイル交換時期ですが、スバルは公式ホームページで

約1年、または約10,000kmごと(理想では約6か月または、約5,000kmごとのどちらか早い方で実施)

と発表しています。

私が昔聞いたエンジンオイル交換の目安としては、

3,000km毎、もしくは3ヶ月毎のどちらか早く到達した方

ということでした。

学生時代は律儀にそれを守って愛車のNA6CE(ユーノスロードスター)のオイル交換を行っていました。

現在、社会人となり子供も居たりして車にかけるお金も限られてきているため、

5,000km毎、もしくは半年毎のどちらか早く到達した方

でオイル交換を行っています。

特にこのサイクルで、7台くらいを乗り継いできましたがエンジン不調を来たした事は、ただの一度もありません

そのサイクルよりも倍の約1年もしくは10,000kmのどちらか早い方、までメンテナンスフリーというのは、メーカーの技術の賜物ですね。

ということで、インプレッサスポーツのエンジン不調対策は、

  • 普段からのメンテナンス(特にオイル交換)
  • 違和感を感じたらすぐにディーラー、工場に連絡すること

ということが、得策かと思います。

また、オイル交換時期は、1年もしくは10,000kmのどちらか早く到達した方に交換しておけば問題ないですが、出来れば6ヶ月ごと、もしくは5,000kmのどちらか早く到達した方で交換することが望ましいようです。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのオイル量・オイル粘度情報

現行のスバル・インプレッサスポーツ(型式:DBA-GT2、DBA-GT3、DBA-GT6、DBA-GT7)のオイル量とオイル粘度についてですが、

オイル量 オイル粘度
4.0L(エレメント交換時は4.2L) 0W-20

となっているようです。

エレメント交換とは、オイルエレメント(オイルフィルター)と呼ばれる部品を交換することです。

引用:https://toyota.jp/after_service/tenken/about/maintenance/oilfilter/

この部品の働きは、簡単に言えば、エンジンオイル内の不純物をろ過してくれる部品のことです。

そして、オイル粘度とは、

オイルの固さ

のことをさしています。

オイルを立てかけた板等に垂らしてみると、板を伝って地面に垂れていくと思いますが、そのときの垂れ落ちていくスピードがオイル粘度、すなわち固さになります。

0W-20』という記号の読み方は、『ゼロダブリューのニーマル』なんて呼ばれています。

0Wという前半部分の文字の意味は、エンジン始動時、オイル自体の温度が低いときの固さを現しています。数字が0に近ければ近いほど低温時に柔らかい、という意味になります。

後半の20という数字の意味は、オイル自体の温度が高いときの固さを現していて、大きくなればなるほど、先ほどとは逆に高温時に固い、という意味になります。

引用:http://www.yellowhat.jp/product/engine_oil/mametisiki/

ですので、スバル・インプレッサスポーツのオイル粘度は、エンジン始動時(寒さに強い)に優れており、暑さには若干弱い、と言えると思います。

ですが、過敏に反応して『夏場は運転できない!』ということはありません。

普段の使用(買い物、ドライブ、旅行等)であれば問題なく、オールシーズン使えますのでご安心ください。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのオイル交換費用はどれくらい?

スバル・インプレッサスポーツにおいて、エンジンオイルの交換にかかる費用はどれくらいになるのでしょうか。

地域差などもありますので一概には言えませんが、ディーラー、カー用品店、ガソリンスタンドの3つの平均的な金額で、どれくらいになるのか比較してみます。

スバルディーラー カー用品店 ガソリンスタンド
7,000円~8,000円 4,500円~6,000円 5,000円~7,000円

というような結果となりました。

単純に金額だけで言えば、ディーラーが一番高い、という結果になりました。

ただ、これには先ほども説明しましたように、地域差がかなりあります。

ここで紹介した金額よりも高くなるor安くなることは往々にしてあり得ることなので、目安程度に捉えてください。

もちろん、もっと金額を安く済ませる方法もあります。

それは、セルフ(自分)でオイル交換を行うことです。

セルフでオイル交換のやり方

簡単にセルフでのやり方を説明すると

  1. 新しいオイルと廃オイル処理用箱、5Lくらいを量れる計量カップを用意する
  2. 数分暖気運転し、ジャッキアップする
  3. オイルドレンを緩めて廃オイルを処理用箱に入れる
  4. オイルドレンを締めてボンネットを開けて、規定量の新しいオイルを入れる
  5. ジャッキを下ろし、オイルレベルゲージでFとEの中間よりF寄りにオイルが入っているか確認する
  6. 問題なければ暖機運転を行い、エンジンに異音等がなければ終了

という手順になります。

オイル交換の動画ですが、とても判り易いですよ。

現在は車の下からエンジンオイルを抜くのではなく、オイルレベルゲージの穴からエンジンオイルを抜く機械も売っているようです。

そちらを使用するともっと手順は簡略化できます。

このセルフで行うメリットは金額が抑えられることですが、デメリットは、何か不具合が発生した際には全て自分で解決しなければならない、ということです。

ですので、どうしても時間がない方や安心が欲しい、という方はディーラーやカー用品店での交換をおすすめします。

インプレッサスポーツのオイル交換時期やオイル量・オイル粘度まとめ

スバル・インプレッサスポーツのオイル交換時期やオイル量・オイル粘度についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

日頃からのメンテナンスを心がけて、少しでも違和感を感じたら、早めにディーラーや工場へ連絡してくださいね。

素早い対応をすることで無用なトラブルを回避することができます。

また、オイル交換は車の日常的なメンテナンスでは特に重要です。

DIYでも可能ですが、時間に余裕がない方や安心を買いたい、という方はディーラー、カー用品店、ガソリンスタンドでのオイル交換をおすすめします。

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク