インプレッサスポーツの外寸・外装情報!機械式駐車場に駐車可能?

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

インプレッサスポーツの外寸・外装情報はどうなっているでしょうか?

狭い道路や、住宅地などを運転したり、機械式駐車場に停める際には、車の外寸はとても重要ですよね。

この記事では、インプレッサスポーツの外寸・外装情報や機械式駐車場に駐車可能かどうか紹介していきます。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの外寸(横幅・長さ・車高)情報

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

まずはインプレッサスポーツの外寸(横幅・長さ・車高)情報です。

ライバル車と比較しながら見てみましょう。

各車サイズ比較

よく比較される3車種だけあって、ボディサイズが類似しています。

いずれも5人乗りのミドルサイズハッチバックとしては標準的な数値で、取り回しがしやすいと思います。

カローラスポーツ

引用:https://toyota.jp/service/estimate_simulation/

3車種の中でカローラスポーツが一番コンパクトで、取り回しや機械式駐車場での駐車がしやすいサイズです。

全長と最小回転半径の点で特に個性が出ていますね。

アクセラスポーツ

引用:https://www.mazda.co.jp/purchase/estimate/?car_id=axela-sport

アクセラスポーツはインプレッサスポーツとほぼ同サイズですが、あえて違いを挙げるなら最低地上高でしょうか。

スポーツタイプの車は重心を低くセッティングするため、当然最低地上高が下がり、駐車時やスロープの進入などで気を使う場面が増えてきます。

しかし、アクセラスポーツの最低地上高は155㎜あり、段差を超える時や機械式駐車場に停める際にあまり気を使う必要が無いのがメリットです。

インプレッサスポーツ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade2

インプレッサスポーツの外寸で注目すべきは全幅です。

ライバル車に比べて2cm程度小さいサイズです。

日本の道路事情を考えると、狭い路地の走行や、スペースに余裕の無い駐車場を利用することが多いと思いますが、こういった場面では全幅がとても重要になります。

インプレッサスポーツの全幅はこのようなシーンで有利に働くでしょう。

外寸ではあまり違いの無い3車種ですが、室内サイズではインプレッサスポーツが一番余裕のある空間を確保していて快適です。

下記記事で詳しく取り上げています。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツって機械式駐車場に駐車可能?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

次はインプレッサスポーツが機械式駐車場に駐車可能かどうかを見ていきます。

機械式駐車場とは?

まず機械式駐車場とはどういったものなのかを見ていきましょう。

駐車場には大きく分けて2種類あります。

平地型駐車場

大型ショッピングモール等の広大な敷地で、白線で区切られたスペースに停める駐車場です。

立体型駐車場(自走式)

デパート等に多く採用されている立体型の駐車場です。

今回紹介する機械式駐車場とは、機械が車を1階や2階の駐車スペースに自動的に運ぶ立体型駐車場のことを指します。

自分で1階や2階の駐車スペースに停めるタイプの立体型駐車場は、自走式駐車場と呼ばれます。

機械式駐車場のメリット
  • 駐車場代が安めに設定されている
  • 屋内なのでボディの日焼けや汚れが付きにくい
  • いたずらや盗難の危険性が少ない
  • ドアパンチや当て逃げの危険性も少ない
機械式駐車場のデメリット
  • 入出庫に時間がかかる
  • メンテナンスや故障時は車の入出庫が出来ない
  • 全長・全幅・全高に制限がある

日本の機械式駐車場は、多段方式と二段方式と呼ばれるタイプが多く、この2つで国内シェアの半分以上を占めています。

インプレッサスポーツは機械式駐車場に駐車可能なのか?

インプレッサスポーツのサイズ

平均的な機械式駐車場のサイズ制限
  • 全幅:1,800~1,850㎜
  • 全高:1,550㎜(新しいタイプだと2,000~2,100㎜のハイルーフ車も可能)

多くの機械式駐車場で採用されているサイズ制限を下回っているため、駐車は可能であると言えます。

しかし、統一規格が無く、サイズが違う様々なタイプの機械式駐車場が在るため、駐車する前に確認することをおすすめします。

男性3

車のサイズとか覚えてないんだけど・・・

女性3

じゃぁ、サイズをメモして車内の目につくところに貼っておいたらどうかしら

男性5

なるほど!いざというとき慌てなくていいね。早速貼っておくよ!

このように細かな数字を覚えるのが面倒な場合は、外寸をメモしてサンバイザーや目に付く場所に貼っておくのがおすすめです。

古めの機械式駐車場に停める時は注意が必要です。

昔の車に比べて最近の車は居住性が高くなっていて、それに伴い車のサイズもアップしてきています。

一昔前の車は駐車出来ても、インプレッサスポーツのような最近の車は駐車できない場合もあります。

古いタイプの機械式駐車場を利用する場合はこのことに十分注意してくださいね。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの外装, 外装パーツについて

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/

次はインプレッサスポーツの外装、外装パーツについて紹介していきます。

インプレッサスポーツにはスバル純正品のSTI外装パーツが取り付け可能です。

装着することで更にスタイリッシュになり、パフォーマンスも向上しますが、車の地上高が変化するので注意が必要です。

取り付けるパーツによって程度の差はありますが、ほとんどの場合地上高が下がり、道路と接触するリスクが上がります。

結果、大事なパーツを破損するばかりか、場合によっては駐車場施設等に被害を出すことにもなりかねません。

よって、外装パーツを取り付けた際に、どれくらい地上高が下がるのかを知っておくことはとても重要です

各パーツごとに見ていきましょう。

スプラッシュボード(G4/SPORT)

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/exterior/

泥はねや石はねを抑えるパーツで20,520円です。

ボディと同色でフィッティングも素晴らしいです。

2.0i-S EyeSightとSTIリヤサイドアンダースポイラーを装着した場合は、装着が出来ません。

こちらのパーツを装着した場合、フロントが約10mm、リヤが約33mm下がります

エアロスプラッシュ(G4/SPORT)

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/exterior/

先程紹介したスプラッシュボード(G4/SPORT)は2.0i-S EyeSightに装着不可のパーツですが、こちらは2.0i-S EyeSight専用のパーツです。

価格は34,560円で、STIサイド・リヤサイドアンダースポイラーが装着されていた場合は、エアロスプラッシュ(G4/SPORT)は装着出来ません。

地上高は、リヤが約24mm下がります

リヤサイドアンダースポイラー

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza5door_gt/aero/SG517FL210/

フロントからサイドをつたってリヤに流れてくる空気を整流し、走行安定性を高めるパーツで35,000円です。

フロントアンダースポイラー、サイドアンダースポイラーと同時装着することで、最適なパフォーマンスを発揮します。

純正アクセサリーのエアロスプラッシュ、スプラッシュボードが装着されている場合、こちらのパーツは装着不可です。

地上高はリヤが最大で約10mm下がります

フロントアンダースポイラー

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza5door_gt/aero/SG517FL000/

フロントバンパー下部に流れる空気を整流することでダウンフォースが生成され、カーブを曲がる時の安定性が向上します

価格は39,000円で見た目も大きく変化し人気のパーツですが、地上高が最大でフロント約65mmダウンとかなり下がります

段差を乗り越えたり、駐車場などのスロープに進入する際は特に注意が必要です。

サイドアンダースポイラー

引用:https://www.sti.jp/parts/impreza5door_gt/aero/SG517FL100/

フロントアンダースポイラーと同時装着することが前提にデザインされているパーツです。

どちらも装着することで、インプレッサスポーツの最適なパフォーマンスを発揮することが出来ます。

価格は55,000円で、純正アクセサリーのエアロスプラッシュ、サイドストレーキとの共着は出来ない仕様です。

装着した場合、地上高が32mmダウンします

インプレッサスポーツの外装、外装パーツまとめ

フロント、サイド、リヤにリップスポイラーと呼ばれるパーツを装着することで、地上高が下がります

機械式駐車場への駐車時に、パーツはもちろんですが、駐車場の破損リスクも上がります。

平均的な機械式駐車場のサイズ制限
  • 全幅:1,800~1,850㎜
  • 全高:1,550㎜(新しいタイプだと2,000~2,100㎜のハイルーフ車も可能)

全幅と全高のサイズ制限はありますが、地上高の制限は特にありません。

よって、インプレッサスポーツは外装パーツを装着した場合でも機械式駐車場に駐車は可能であると言えます。

しかし次のような口コミも多く見られました。

男性6

最低地上高90mm以上確保していても擦ったんだけど・・・

これは機械式駐車場には急なスロープや段差(バンプ)が設置されていることが多いのが原因のようです。

運転や駐車の仕方を工夫することで、これらのリスクを軽減できます。

しかし、乗車人数や積載物が増えると車体が若干下がるため、この場合、工夫しても回避が難しくなります。

外装パーツを取り付けたインプレッサスポーツは、機械式駐車場への駐車はなるべく避けた方がいいかもしれません

インプレッサスポーツの外寸・外装情報まとめ

インプレッサスポーツの外寸・外装情報や、機械式駐車場に駐車可能かどうか紹介してきました。

インプレッサスポーツの外寸は、5人乗りのミドルサイズハッチバックとしては一般的なサイズです。

しかし、インプレッサスポーツは最低地上高が130mmと低めなため、機械式駐車場へ停める際には注意が必要です

外装パーツを取り付けた場合、更に地上高が下がるため、駐車場の出入り口など傾斜している場所にも十分注意してください。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

以上のように、外寸は車の利便性に大きく関わる要素なのでとても重要です。

自宅の駐車場が狭いなどの理由でインプレッサスポーツの外寸に不安を感じている方は、スバルディーラーで試乗を申請し、営業マン同乗のもと車庫入れの確認をするのもおすすめですよ。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade3

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク