インプレッサスポーツのモデルチェンジ予想!最新情報をチェックしよう!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

インプレッサスポーツのモデルチェンジはマイナーも含めると、毎年行われていますが、2019年度はどうでしょうか?

スバルの人気車種だけに最新情報が気になります。

この記事では、インプレッサスポーツのモデルチェンジ最新情報を、予想も含めて紹介していきます。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのモデルチェンジ情報!

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

まずはインプレッサスポーツのモデルチェンジ情報から見ていきたいと思います。

5代目にあたる現行のインプレッサスポーツは、2016年の10月にスバルから公式発表され、同年の11月に発売が開始、それから1年毎にマイナーチェンジされています。

インプレッサスポーツのマイナーチェンジ経緯
  • A型:2016年10月13日発表
  • B型:2017年9月11日発表
  • C型:2018年10月11日発表

インプレッサスポーツ:A型

引用:https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA_SPORTS/10106634/

2016年10月に発表されたインプレッサスポーツはA型と呼ばれています。

インプレッサスポーツ:B型

引用:https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA_SPORTS/10111650/

2017年9月にマイナーチェンジして発表されたインプレッサスポーツをB型と呼び、以下のような変更点がありました。

A型からB型への主な変更点
  • 後退時自動ブレーキシステムの標準装備
  • アイサイトセイフティプラスとしてサイドビューモニターをオプション装備

インプレッサスポーツ:C型

引用:https://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/IMPREZA_SPORTS/10118145/

2018年10月に発表された現行のものをC型と呼び、以下のような改良を加えています。

B型からC型への主な変更点
  • オートビークルホールド機能が追加

このようにスバルはマイナーチェンジを1年毎に行うのが通例です。

エクステリアは軽微な変更にとどまり、安全装備の追加などが行われることが多いようです。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのモデルチェンジ予想!

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

次はインプレッサスポーツのモデルチェンジ予想をしていきたいと思います。

ハイブリッドモデルの追加はある?

2018年9月に発売が開始された新型フォレスターは、e-BOXERを搭載しています。

フォレスター Advance(e-BOXER搭載モデル)

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

e-BOXERはハイブリッドですが、あくまで主体はエンジンという走りに特化したシステムです。

インプレッサスポーツにも最適なシステムと思われますが、同年10月に発表されたC型には、残念ながらe-BOXERの搭載はありませんでした。

フォレスター『e-BOXER』

最近の車社会を取り巻く環境を考えてみると、環境にやさしいハイブリッドモデルの設定は必要不可欠です。

D型インプレッサスポーツには是非搭載してほしくありますが、マイナーチェンジでこのような大掛かりなシステムの変更・追加は少し厳しい気がします。

ダウンサイジングターボの追加はある?

省燃費が絶対条件になってきている現在の環境では、トヨタやホンダも積極的に採用しているダウンサイジングターボの搭載も期待されています。

排気量を少なくすることで自動車税の節税効果もあり、まさに一石二鳥です。

引用:https://toyota.jp/corollasport/performance/?padid=ag341_from_corollasport_navi_performance

排気量の減少でパワー不足を心配する声もありますが、ターボエンジンが補って余りある性能を発揮します。

ダウンサイジングターボはとても高品質で、元のエンジンよりも最高出力が上がっていることが多いです。

インプレッサスポーツ:2.0L直噴エンジン

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/powerunit.html

C型インプレッサスポーツの排気量は2種類で、1.6Lと2.0Lです。

ダウンサイジングターボが採用された場合、排気量は1.5Lと1.8Lになるのではと予想しています。

現行の排気量では自動車税が39,500円となっていますが、1.5Lであれば34,500円に減額可能です。

2019年10月には消費税が8%から10%へ増税予定です。

消費税が10%へ増税された際に予想される消費の落ち込みを軽減するため、自動車税を減税する施策がとられる予定です。

排気量が小さい車ほど、減税率は大きくなるのが特徴です。

しかも、恒久減税のため今後上がることは余程のことが無い限りありません。

インプレッサスポーツは現在の排気量では36,000円となりますが、ダウンサイジングターボを採用した場合、30,500円まで減額出来る可能性があります

このように節税効果が期待できるため、ダウンサイジングターボ採用の可能性は高くなっていると思います。

ただ、ハイブリッド同様、このような大掛かりな変更はマイナーチェンジでは厳しく、フルモデルチェンジの時に発表されるのではないかと予想しています。

デザインの変更はある?

これまでのマイナーチェンジを見ていくと、エクステリアやインテリアデザインの大きな変更はあまり期待できないかもしれません。

しかし、D型インプレッサスポーツにはSTI Sportが設定される予定です。

IMPREZA STI Sport CONCEPT

引用:https://www.subaru.jp/tas/lineup/impreza.html

引用:https://www.subaru.jp/tas/lineup/impreza.html

引用:https://www.subaru.jp/tas/lineup/impreza.html

こちらの画像は、スバル東京オートサロン2019で発表された、D型インプレッサスポーツSTI Sportのコンセプトカーです

内装はボルドーを中心にした色使いで大人の雰囲気が漂う仕様になっています。

STI Sportは、レヴォーグでも設定されていたモデルです。

正式発表がとても楽しみですね。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのモデルチェンジ時期について

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

次はインプレッサスポーツのモデルチェンジ時期について予想してみたいと思います。

インプレッサスポーツのマイナーチェンジ経緯
  • A型:2016年10月13日発表
  • B型:2017年9月11日発表
  • C型:2018年10月11日発表

前述したように、今までのインプレッサスポーツのマイナーチェンジは9月から10月にかけて発表されています。

例年通りであれば、今年度の2019年9月から10月にかけてC型からD型への大幅改良を行うのではないかと思います。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/sti/

価格帯も多少の変化があり、現行のC型インプレッサスポーツの車両本体価格にプラス約100,000~150,000円上乗せされた金額になると予想しています。

その場合、エントリーモデルは2,000,000円を少し超え、上位モデルは2,700,000円ほどの金額に落ち着きそうです。

価格が上がった分は、安全設備や新しいカラー、グレードなどの追加があるのではないかと期待しています。

インプレッサスポーツのモデルチェンジ予想・情報まとめ

インプレッサスポーツのモデルチェンジ情報や時期を、モデルチェンジの予想と交えてまとめてきました。

インプレッサスポーツのモデルチェンジ時期は、例年通りであれば、2019年9月から10月くらいにかけて行われるでしょう。

スバル東京オートサロン2019でコンセプトカーの発表があったSTI Sportは、モデルチェンジ後に発表予定です。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

また時代背景を考慮すると、環境や省燃費に優れたダウンサイジングターボ採用や、ハイブリッドモデルの設定も期待されています。

もともと予防安全性能の高いインプレッサスポーツですが、マイナーチェンジでさらに安全性が増すことも考えられます。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety3.html

希望的観測の域を出ない予測内容も多くありましたが、どれが実装されてもインプレッサスポーツの魅力が更に増すことは間違いないです。

マイナーチェンジの正式発表を期待して待ちましょう。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/tas/lineup/impreza.html

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク