インプレッサスポーツのサイズ比較・サイズ感はどうなの?

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

取り回しのしやすいサイズのインプレッサスポーツですが、実際はどうでしょうか?

同じような大きさの車と比較すれば、サイズ感をつかみやすくなります。

この記事ではインプレッサスポーツのサイズ比較をして、実際のサイズ感を紹介していきます。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの大きさってどれくらい?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

まずはインプレッサスポーツの大きさを見ていきます。

インプレッサスポーツのボディサイズ

新しく開発されたプラットフォームのSGP(スバルグローバルプラットフォーム)を採用したインプレッサスポーツは、小回りが利き、扱いやすいボディサイズになっています。

5人乗りのミドルハッチバックとしては標準的な大きさです。

最小回転半径は5.3mで、日本の道路、住宅事情を考えると、とても取り回しがしやすいと言えます。

インプレッサスポーツのタイヤサイズ

インプレッサスポーツには3グレードが設定されています。

グレードが上がっていくごとに、ホイールサイズも1インチづつアップします。

2.0Lモデルはどちらのグレードも、17インチか18インチのホイールサイズを選ぶことが出来ます。

18インチホイールは、車の挙動がとてもクイックになり、ゴツゴツ感が少し増してしまうという口コミもありました。

乗り心地を重視する方には17インチを、ポテンシャルを引き出して走りたい方には18インチをおすすめします

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのサイズ感

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

次はインプレッサスポーツのサイズ感を見ていきたいと思います。

前列席のサイズ感

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

大人の男性、女性が前列席に座っても余裕のあるサイズです。

前も横も適切なスペースが確保されています。

圧迫感は無く、快適なサイズと言えそうです。

後部座席のサイズ感

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

大人の女性が座ってもしっかりとくつろげるスペースが確保されています。

こちらの動画で乗り降りのしやすさや、全席のゆとりある空間について確認が出来ます。

動画の見所
  • 余裕ある室内空間
  • チャイルドシートの取り付けやすさ

小さい子供がいる方にはチャイルドシートへのアクセスのしやすさも、重要なポイントです。

インプレッサスポーツの室内空間はとても快適で、後部座席の利便性も高いと言えるでしょう。

ラゲッジルームのサイズ感

ラゲッジルームの容量は385Lあり、5人乗車時でもゴルフバッグ3つを軽く積める積載力があります。

5人乗車時

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

開口部はとても大きく、荷物の積み下ろしがかなり楽です。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

3人家族で1泊2日程度の軽いキャンプであれば、くつろげる空間を確保しながら道具を積載することも可能ではないでしょうか。

5人乗車時でも十分な積載力がありますが、もっと増やすことも出来ます。

3人乗車時

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

後部座席の片側を倒すことによって、長尺ものも積めるようになります。

後部座席に座る方は多少圧迫感を感じるかもしれませんが、それでも3人乗車しながらこれだけの荷物が運べます。

2人乗車時(フルフラット)

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

後部座席をすべて倒すことで広大でフラットなスペースが出来ます。

写真ではクロスバイクが1台積まれていますが、あまり余裕が無い状態です。

自転車を乗せる場合は動かないように固定して、使用しない毛布などで内装をしっかり保護しておきましょう。

こちらの動画でインプレッサスポーツの積載力や実際のサイズ感を確認出来ます。

動画の見所
  • インプレッサスポーツの優れた積載力
  • 動きでわかりやすいラゲッジルームのサイズ感

ラゲッジルームにはさらに使い勝手が良くなるギミックも搭載されています。

サブトランク

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

かさばる小物や汚れた荷物をスマートに収納できるサブトランク、

カーゴフック(4ヶ)

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

カーゴサイドフック(2ヶ)

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

荷物の固定や小物の吊り下げに便利なフック(計6ヶ)などです。

これらラゲッジルームの装備は、使う人のことを考え抜いた実用的な装備ばかりです。

もちろん、キャンプやアウトドアだけでなく普段使いでも役立つでしょう。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのサイズ比較

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

次はインプレッサスポーツのサイズ比較していきます。

インプレッサスポーツとよく比較される車種に、トヨタのカローラスポーツマツダのアクセラスポーツがあります。

カローラスポーツ

引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

アクセラスポーツ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/design/

これら3車種でサイズ比較をしていきます。

カローラスポーツにはハイブリッドモデル、アクセラスポーツにはディーゼルモデルの設定もあります。

ここでは、インプレッサスポーツに合わせてガソリンモデル同士の比較をしていきます。

インプレッサスポーツ

1.6i-L EyeSight

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade1

インプレッサスポーツの室内サイズは、カローラスポーツやアクセラスポーツと比べると、随一と言っていいほどの広さを誇ります。

特に後部座席とラゲッジスペースの広さが素晴らしく、乗車スペースと積載量どちらも十分確保出来ています。

ドアの開口部も上方向に広いため、背の高い方でも乗り降りがしやすいようになっています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

高剛性のため、SGPは車高が低めに設定してあります。

そのため多少乗り降りしにくいという意見もありましたが、大半は好意的なものでした。

カローラスポーツ

G“X”

引用:https://toyota.jp/corollasport/grade/grade6/?padid=ag341_from_corollasport_grade_gx_detail

全体のサイズはインプレッサスポーツ、アクセラスポーツとほとんど変わりません。

ただ、室内長が1,795㎜と一番短く、室内長最大のインプレッサスポーツ2,085㎜との差は290㎜あります。

荷室容量は352Lで9.5インチゴルフバッグが2個積めるくらいの積載量です。

引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

実際に乗って快適なドライブが楽しめる人数を考えると、1~2人が限界のような気がします。

後部座席がインプレッサスポーツに比べると狭く感じるため、多人数乗車には少し厳しいかもしれません。

アクセラスポーツ

15C

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/

アクセラスポーツは全体サイズをインプレッサスポーツと比較してみると、ボディサイズがほぼ一緒です。

また、カローラスポーツは後部座席をすべて倒してもフラットなスペースは確保出来ませんでしたが、アクセラスポーツは可能です。

荷室容量も362Lを確保し、9インチゴルフバッグが2個積める積載力があります。

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/axela/interior/functionality/

アクセラスポーツも後部座席が狭いため、快適性を保ったまま実際に乗れる人数は1~2人と考えたほうが良さそうです。

インプレッサスポーツのサイズ比較・サイズ感まとめ

インプレッサスポーツのサイズ比較やサイズ感についてまとめてきました。

インプレッサスポーツの全体的な使い勝手の良いサイズ感は、ライバル車より、頭一つ抜けていました。

室内長が一番長いこともあり、車内の快適性がかなり高いです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

インプレッサスポーツは積載力と快適に過ごせる空間を高い次元で両立しています。

家族で利用したり、アウトドアで荷物を多く載せることが多い方は、後部座席の空間やラゲッジスペースの積載量が重要ですよね。

インプレッサスポーツはそんな方々のニーズにしっかりと応えることが出来る車です。

気になりましたら是非お近くのスバルディーラーで試乗して、実際のサイズ感を体感してみてくださいね。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク