インプレッサスポーツのエコカー減税・自動車税はどれくらい?

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

インプレッサスポーツのエコカー減税や自動車税はどれくらいかかるのでしょうか?

家計に大きく影響することなので、とても気になります。

この記事では、インプレッサスポーツのエコカー減税や自動車税を中心に紹介していきます。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのエコカー減税

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

まずはインプレッサスポーツのエコカー減税について見ていきます。

そもそもエコカー減税とは?

エコカー減税とは、環境性能の高い車に対して、 自動車税、自動車重量税、自動車取得税の軽減措置を取る制度のことです。

新車を購入した時にこの3種類の税金の免除や減税を受けられます。

エコカー減税を受けるためには国が定めた一定の基準を達成する必要があり、この基準と適用期間は度々変更されています。

引用:https://www.honda.co.jp/green-tax/reduction/

ここであげたものは2019年4月20日現在のエコカー減税の適用範囲となります。

※重量税の減税率/税額は、新制度(2019年5月以降)のものです。

2019年4月30日までの新規登録・届出車両は、現行制度の重量税が適用されます。

来年度以降の基準と適用期間に関しては要チェックです。

インプレッサスポーツのエコカー減税はどれくらい?

実際、インプレッサスポーツのエコカー減税はどれくらいになるのかというと、残念ながらエコカー減税の適用対象外となっているため、0円です。

エコカー減税の適用を受けるにはまず、国土交通省が定める車両重量毎に決められた燃費基準に達していなければなりません(2020年度燃費基準)。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/powerunit.html

インプレッサスポーツのカタログ燃費と車両重量は、1.6Lモデルで18.2㎞/L、1,300㎏となっています。

2020年度燃費基準は、1,196~1,310㎏の車両であれば20.3㎞/Lです。

インプレッサスポーツは燃費基準が未達成のため、エコカー減税適用対象外となっています。

かなり厳しい数値となっていますが、地球環境のことを考えると当然の対応なのでしょう。

今後の燃費改善に期待したいですね。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの自動車税はいくらかかるの?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

次はインプレッサスポーツの自動車税がいくらかかるのかを見ていきたいと思います。

そもそも自動車税とは?

自動車税(軽自動車税)

毎年4月1日時点で車検証上、その車の所有者に対してかかる税金のことです。

用途や総排気量により税額が変わっていく仕組みとなっています。

主に排気量が大きくなると税額も大きく比例していきます。

また、購入時期を考えることで節税効果もあります。

自家用乗用車の場合は、500cc刻みに税額が上がっていき、6,000cc以上は一律の金額になります

自家用軽自動車は一律の税額となっています。

インプレッサスポーツの自動車税はいくら?

具体的にインプレッサスポーツの自動車税がいくらになるのかを見ていきたいと思います。

インプレッサスポーツの排気量
  • 1,599㏄(1.6i-L EyeSight)
  • 1,995㏄(2.0i-L EyeSight、2.0i-S EyeSight)

排気量毎の自動車税

自動車税は排気量毎に税額が変わりますが、インプレッサスポーツはすべてのグレードで39,500円となります。

2019年10月1日以降適用予定の恒久減税

2019年10月1日に消費税10%となった場合、自動車税の恒久減税が適用され、インプレッサスポーツの自動車税は36,000円となる予定です。

小排気量車の方が減税額が大きくなります。

インプレッサスポーツにダウンサイジングターボが導入されれば、エンジンスペックも税制面でもかなり魅力アップすると思うのですが。

今年のマイナーチェンジで導入されないですかね。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの費用はどれくらい?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/design/exterior.html

次はインプレッサスポーツの費用はどれくらいになるのかを見ていきたいと思います。

インプレッサスポーツの車両購入費用は?

インプレッサスポーツの車両購入費用をスバルサイトで試算していきます。

試算するグレードは、一番人気の2.0i-S EyeSight、カラーはアイスシルバー・メタリックです。

引用:https://members.subaru.jp/estimate_simulation/index.html?carm=impreza_sport&btc=GW0C07&tcode=GT6C5BL&mop=TGC&ext=1U&int=20

インプレッサスポーツ:購入条件
  • グレード:2.0i-S EyeSight
  • 車両本体価格:2,397,600円
  • エンジン:2.0L DOHC 直噴
  • 駆動方式:2WD
  • トランスミッション:リニアトロニック
  • ボディカラー:アイスシルバー・メタリック
  • インテリアカラー:ブラック内装
  • メーカーオプション:無し
  • ディーラーオプション:無し
  • 購入方法(スバルクレジット):60回分割(頭金260円、実質年率3.9%)
インプレッサスポーツ:別途支払諸費用

別途支払諸費用総額:223,660円

【内訳】

  • 自動車税:36,200円
  • 自動車取得税:59,900円
  • 自動車重量税:36,900円
  • 自賠責保険:36,780円
  • 販売諸費用(参考価格):41,720円
  • リサイクル料:12,160円

インプレッサスポーツ:支払い総額

ほぼ全額をクレジット払いにすると、購入の敷居は下がるものの全体の費用は270,000円程高くなります。

エコカー減税が適用されれば、諸費用の負担が軽減されるのですが、少し残念です。

購入の際は、なるべく頭金を多く入れて臨みたいですね。

インプレッサスポーツの維持費は?

次はインプレッサスポーツの維持費を見ていきたいと思います。

自動車保険の試算条件
  • 年齢:30歳以上
  • 対人賠償:無制限
  • 対物賠償:無制限
  • 車両保険:つける
  • 運転者限定:家族限定
  • 運転者の年齢制限:30歳以上
  • 等級:15等級
  • 免許の種類:ゴールド
  • 年間走行距離:11,000㎞
ガソリン代の試算条件
  • レギュラー:143.9円(2019年4月21日現在の全国平均価格)
  • 月間走行距離:1,000㎞

これら条件での試算結果は以下の通りです。

インプレッサスポーツの実燃費が11.5㎞/Lと、カタログ燃費の15.8㎞/Lと少し離れています。

そのため、ガソリン代が年間で150,000円を越え、かなり高額になっています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

年間維持費は総額1,005,827円で、一ヶ月当たりの負担額は約83,819円となります

かなりの金額になりますので、ガソリン代など節約しやすい部分で維持費を抑えていきたいですね。

インプレッサスポーツの費用まとめ

インプレッサスポーツの維持費と車両購入費用について紹介してきました。

インプレッサスポーツをすべて分割で購入した場合、一ヶ月当たりの平均負担額は約83,819円となりました

オプションなどは後付けにすることで、取得価額を抑え自動車取得税を節約したり、エコな乗り方でガソリン代を抑えることも可能です。

無理のない範囲で節約していきましょう。

今回の試算に頭金が260円程入った状態での試算になっています。

厳密な全額分割払いの金額とは多少の誤差は生じますが、インプレッサスポーツを維持していくための大まかな目安になると思います。

インプレッサスポーツのエコカー減税・自動車税まとめ

インプレッサスポーツのエコカー減税や自動車税についてまとめてきました。

残念ながら、2020年度燃費基準を達成できていないため、インプレッサスポーツはエコカー減税の対象車ではありません。

しかし、実燃費は決して悪い数値ではありません。

乗り方次第で燃費の改善も可能ですので、あまり悲観的に捉えることはないと思います。

インプレッサスポーツ:2.0L直噴エンジン

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/powerunit.html

インプレッサスポーツは排気量が1.6Lと2.0Lの2つありますが、どちらを選んでも自動車税は39,500円です。

2019年10月1日より自動車税の恒久減税も予定されています。

インプレッサスポーツの場合、自動車税が36,000円まで減税される見込みなので、こちらも要チェックです。

この記事がインプレッサスポーツを維持していく上で、少しでも参考になりましたら幸いです。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク