インプレッサスポーツのスペック情報!加速性能や乗り心地はどう?

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

インプレッサスポーツのスペックはどうなっているのでしょうか?

スバルを代表する車の一つで、その加速性能や乗り心地にも関心が集まっています。

この記事では、インプレッサスポーツのスペック情報、加速性能や乗り心地について紹介していきます。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツのスペック情報

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

まずはインプレッサスポーツの各スペックから紹介したいと思います。

ボディサイズ(外寸、内寸)

インプレッサスポーツの大きさは5人乗りミドルクラスハッチバックとしては標準的サイズです。

しかし、注目すべきは室内長です。

ライバル車と比べても20cm以上長いことがわかります。

そのため、インプレッサスポーツの室内は、スポーツタイプであるにも関わらず、圧迫感無く快適であると好評です。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

このように後席を倒せば長尺物も簡単に載せることができます。

後席の足元をクッションで埋めるなど工夫次第で車中泊も出来ます。

燃費性能

カタログ燃費は最大で18.2㎞/Lと、かなり優秀な数値となっています。

実燃費は約12㎞/Lで、カタログ燃費の約66~76%の達成率です。

※実燃費は口コミの平均値

意外なことに、1.6Lと2Lエンジンであまり燃費性能に差がありません。

加速性能を求めるなら、燃費を気にせず2Lモデルを選んで良さそうです。

サスペンション・ブレーキ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety1.html

ブレーキは前、後輪共にベンチレーテッドディスクを採用し、制動性や放熱性に優れています。

サスペンションはフロントがストラット式リアがダブルウィッシュボーン式で、費用と高剛性のバランスに優れた配置になっています。

エンジン

インプレッサスポーツは、1.6Lと2Lの2種類のエンジンが設定されていて、使用燃料はレギュラーガソリンです。

エンジンの個性に合わせて3つのグレードが設定されています。

1.6i-L EyeSight

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade2

1.6i-L EyeSightは標準装備と普段の生活には必要十分なパワーの1.6Lエンジンを搭載したエントリーモデルです。

2.0i-L EyeSight

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade2

2.0i-L EyeSightは装備がさらに充実し、2.0L直噴エンジン搭載で余裕のパワーとトルクを備えた上位モデルです。

2.0i-S EyeSight

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade2

2.0i-S EyeSightは18インチのホイールを採用。

足回りをスポーティーにセッティングして走る楽しみを追求した最上位グレードです。

このようにグレード毎のコンセプトが分かりやすいのもインプレッサスポーツの魅力です。

トランスミッション

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/powerunit.html

インプレッサスポーツのトランスミッションは全グレードで、スバルが独自開発したCVTのリニアトロニックを採用しています。

CVTとは『Continuously Variable Transmission』という英語の略式表現で、『無段変速機』のことを指します。

ATと比べて変速ショックが小さく、エンジン効率の良い回転域を使用することで燃費改善に貢献しています。

スバルはCVTをリニアトロニックとして更に昇華させ、約10%の燃費向上とスポーツフィーリングを実現しました

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/powerunit.html

また、パドルシフトを搭載することで、違和感なく加速が楽しめるようになっています。

任意のギアに素早く固定することが可能で、強いエンジンブレーキが必要な場面でもパドルシフトは活躍します。

ハンドルを握ったまま操作が出来るので利便性がとても高いです。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの乗り心地

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

次はインプレッサスポーツの乗り心地について紹介していきます。

快適な室内空間

    室内空間の口コミ
    • 静粛性が高いため後部座席との会話も全然OK
    • リアシートの乗り心地が良く居住性が高い
    • 天井が高いため圧迫感は感じない

    このように、室内についての乗り心地は高評価でした。

    旧モデルのインプレッサに乗っていたユーザーからは、静粛性の向上が高く評価されていました。

    遮音ガラスを採用し、車内へのノイズの侵入をしっかりと防いでいます

    このことが高い静粛性を実現した要因になっているのでしょう。

    また、乗り心地の良さは、後部座席の乗り降りのしやすさも評価ポイントの一つと言えます。

    こちらの動画で確認が出来ます。

    動画の見所
    • ドア開口部が広く乗り降りのしやすいパッケージング
    • 荷物の積み下ろしやチャイルドシートの取り付けが楽に行える

    このように、インプレッサスポーツの優れたパッケージングが乗り心地の良さに繋がっています。

    引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

    リアシートの居住性についても高評価でした。

    家族がいるユーザーから高い評価が得られていたことから、リアシートの乗り心地の良さが伺えますね。

    コンパクトでありながらも頭上スペースはしっかり確保され、シアシートを後ろにリクライニングすればさらに快適な空間になります

    高い静粛性と快適な車内で会話も弾み、お出かけで疲れた帰りの車内は、後部座席でぐっすりと眠ることも可能です。

    スバルが誇るSGP

    乗り心地の口コミ
    • コーナーではSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が誇る高剛性のおかげでロールが少ない
    • 直進安定性も優れている
    • しなやかな足回りと17インチホイールの組み合わせが子供にも優しい

    インプレッサスポーツ:SGP

    引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

    SGP(スバルグローバルプラットフォーム)とは、スバルが新開発した車の基礎となる骨格の総称です。

    今後10年は使えると評判の新プラットフォームです。

    徹底した高剛性化と低重心化により走行安定性が向上した結果、ドライバーだけでなく、同乗者も安心して乗ることが出来る性能になりました。

    引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety1.html

    ドライバーのステアリング操作に対する正確な反応と、圧倒的な高剛性により、高速コーナーでの車体の安定性がかなり良くなりました

    また、コーナーでの安定性が高まることで、直進での安定性も増しています。

    このように、SGPは車の基本動作『曲がる、止まる、走る』をとても高いレベルに引き上げています。

    SGPについて動画で見てみましょう。

    動画の見所
    • SGPの高剛性によってインプレッサスポーツの挙動が安定
    • 先進設備によってとっさのステアリング操作でも安全にコントロール出来る

    このようにSGPは優れた技術で、『今後10年使える』というキャッチフレーズは伊達ではないことがわかります。

    足回り

    ボディを支える足回りも、路面ギャップをしっかりといなし、コーナーや直進での安定性の向上に貢献しています。

    足回りの中でも乗り心地に大きく影響するのがタイヤ・ホイールサイズです

    引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade3

    最上位グレードの2.0i-S EyeSightは18インチホイールを採用しています。

    18インチタイヤを装備すると、車のパフォーマンスは上がりますが、その分、路面のショックを感じやすくなり、乗り心地が悪化します。

    乗り心地を優先したい方は17インチ以下のグレードを選ぶと良いでしょう。

    スポンサーリンク

    インプレッサスポーツの加速性能

    引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

    続いてインプレッサスポーツの加速性能について見ていきます。

    インプレッサスポーツ:エンジンスペック

    インプレッサスポーツは1.6Lと2Lの2種類のエンジンが設定されています。

    街乗りメインでの利用なら1.6Lで十分な加速性能です。

    しかし、登坂や高速道路での利用が多い場合はパワー不足で少し不満に感じる可能性があります。

    様々なシーンでストレス無く利用したいなら2Lエンジンがおすすめです。

    余程攻めた運転をするのでなければ十分満足出来る加速性能を持っています。

    0-100mタイム・最高出力・トルク

    続いて、加速性能の指針の一つ、0-100mタイムをライバル車と比較しながら見てみましょう。

    カローラスポーツは1.2Lながらターボ車であるため、インプレッサスポーツやアクセラスポーツと比べて、最大トルクの数値が高いです。

    引用:https://toyota.jp/corollasport/design/?padid=ag341_from_corollasport_navi_design

    そのため、トラクションが必要になる走り出しで、高いトルク数値のカローラスポーツが0-100㎞/hタイムで頭一つ飛びぬけています。

    ダウンサイジングターボの性能って凄いですね。

    しかし、ターボ車はアクセルを踏み込んでからエンジンの回転数が上がり始めるまで、構造上どうしてもタイムラグが発生します。

    いわゆるターボラグというやつですね。

    この感覚がいやで、自然な加速フィーリングのNAエンジンを選ぶ人も多いです。

    インプレッサスポーツ:2.0L直噴エンジン

    3代目インプレッサからモデルチェンジした時、加速性能に極振りしたWRXSTIと、マイルドな加速性能のインプレッサスポーツ、G4とに別れています。

    0-100㎞/hタイムでライバル車に少々遅れを取りましたが、上記のように、そもそもインプレッサスポーツは加速を追求する車種ではないのかもしれません。

    WRX STI

    引用:https://www.subaru.jp/wrx/sti/special/photo.html

    参考までにWRX STIのエンジンスペックです。

    WRX STIエンジンスペック
    • エンジン:2.0ℓ DOHC ツインスクロールターボ
    • 最高出力[ネット][kW(PS)/rpm]:227(308)/6400
    • 最大トルク[ネット][N・m(kgf・m)/rpm]:422(43.0)/4400

    インプレッサスポーツと元々は同じ車種だったとは思えない驚きのエンジンスペックです。

    インプレッサスポーツのスペック情報・加速性能や乗り心地まとめ

    インプレッサスポーツのスペックや加速性能、乗り心地についてまとめてきました。

    インプレッサスポーツの加速性能は街乗りなど、通常の利用では過不足無く乗りこなせる満足いくものでした。

    特筆すべきは安全性の高さや乗り心地の良さです。

    インプレッサスポーツはスバルが誇るSGPによって、安全性やハンドル操作性、乗り心地が高次元にあります。

    引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

    3代目までのような尖った部分はなりを潜めましたが、加速性能や乗り心地など、全体的にバランス良く仕上がった良い車です。

    興味を持たれましたら、スバルディーラーで是非試乗してみてください。

    アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

    インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

    こんな悩み、ありませんか?
    • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
    • 「頭金入れる余裕が・・・」
    • 「ボーナス期待出来ないし」
    • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
    • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
    • 「ディーラーの売り込みが・・・」
    • 最安値で手に入れたいけど・・・」

    などなど・・・
    インプレッサスポーツの購入を
    検討しているけどいろいろと問題が

    と悩んでいる方が
    とても多くいらっしゃいます。

    インプレッサスポーツの情報を
    ネットや友人から集めても
    なかなか有用な情報が得られず

    家族に相談しても、
    「じゃぁ安い車でいいじゃない」
    と聞いてもらえなかったり・・・

    そんな方におすすめの裏技
    ご紹介します!!

    下取りは一括査定サイトが断然お得に!

    下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

    ディーラーでは30万円の下取りが、
    買取業者では80万円になることも
    多々あります。

    一括査定サイトを使うことで、
    大手下取り会社の最大10社が

    あなたの車の買取価格を
    競ってくれるので、
    結果的に値段が吊り上がるのです。

    スポンサーリンク