インプレッサスポーツの試乗レポート・評価を紹介します!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

インプレッサスポーツに試乗した方の試乗レポートや評価はどうでしょうか?

とても魅力的な車だけに、どのように評価されているか気になりますよね。

この記事では、インプレッサスポーツの試乗レポートや評価、試乗する際のポイントについて紹介していきます。

是非参考にしてください。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの試乗レポートを紹介します!

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

インプレッサスポーツには1.6Lと2.0L、2つのエンジンタイプがあります。

まずは1.6Lエンジンモデルからです。

1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)の試乗レポート

1.6i-L EyeSightの試乗レポート
  • 2.0Lモデルに比べると全体的な動力性能等は少し劣る感じ
  • ワインディングロードを少し飛ばすくらいであれば1.6Lで必要十分なパワー
  • 足回りのストロークもとても深く、16インチホイールと相まってガタつきとはほぼ無縁
  • ハンドリングは明らかに1.6Lモデルが軽く、車を操る楽しさが十分感じられた
  • 燃費は2.0Lとほぼ変わらない10㎞/Lのためもっと頑張ってほしい

1.6Lエンジンのため、シーンによってはもう少しパワーが必要と感じる場面もあるようです。

ただ、普段の使用でパワー不足を感じることはほぼありません。

元々、トランスミッションはCVTの設定しかなく、ガンガンに峠を攻める仕様ではないため、これくらいが丁度いいと思います。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/powerunit.html

また、2.0Lモデルと比べると約450,000円車両本体価格が安いため、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

続いて、2.0Lエンジンモデルです。

2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)の試乗レポート

2.0i-S EyeSightの試乗レポート
  • ブラックレザーセレクション(オプション)という革シートだったが、長距離でも乗り心地は快適
  • 足回りがとてもしなやかに動くことで、18インチ高扁平タイヤでもゴツゴツ感はほとんど感じられない
  • 最新型アイサイトは街中での追従走行もかなり便利だった
  • 燃費に関してはまだまだ頑張れる余地があった(10㎞/L)
  • 2.0Lエンジンのおかげで、低い回転数でもトルクがしっかりとついてくる

1.6Lモデルと比較すると、ほとんどの動力性能が上のようです。

特に、走り出しのトルクや高速走行時の追い越し時にグッとアクセルを踏み込んだ際のパワーは、十分すぎるくらいあります。

そのパワーを上手くコントロールしてくれるアイサイトも安全運転にかなり貢献しています

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety2.html

実燃費も1.6Lモデルとほとんど変わらないため、余裕のある走りを求める方におすすめです。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの試乗評価

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

次はインプレッサスポーツの試乗評価を項目ごとに紹介したいと思います。

試乗評価:エクステリア

エクステリアの試乗評価
  • カーオブザイヤーを受賞するだけあってとてもカッコいい
  • スバルらしさを感じさせながらスタイリッシュかつシンプルである
  • 純正18インチホイールがとても気に入っている

シンプルながら飽きがこない絶妙なデザインが高評価です。

2016年度のカーオブザイヤーを受賞した実績で証明済みですね。

インプレッサスポーツのボディは、丸みを帯びつつも要所でエッジを効かせたバランスの取れたデザインで、私もかなり気に入っています。

特に斜め正面からみたデザインが一番格好良く見えます^^

試乗評価:インテリア

インテリアの試乗評価
  • 内装の質感は高くとても気に入っている
  • ラゲッジスペースも広め
  • 左右独立式エアコンはかなり重宝している

インテリアについても高い評価が多かったです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

フル乗車でもゴルフバッグ3つを軽く積める広めのラゲッジスペースに満足しているユーザーさんが多かったです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/equipment.html

また、左右独立式エアコンも高評価でした。

個人的に左右独立式エアコン、かなり気に入っています。

私は冷え性で足元が寒く感じることが多いのですが、奥さんはこの限りではありません。

こういった場面では、温度設定がかなりシビアな問題となります。

総じてお互いの力関係(強い方の意見)が温度設定に反映されますよね^^;

家庭を平和に保つためにも是非おすすめしたい装備です。

試乗評価:乗り心地

乗り心地の試乗評価
  • SGP(スバルグローバルプラットフォーム)の圧倒的な剛性からボディのよれがほとんどない
  • エンジン性能と相まって、助手席の妻が熟睡するくらい静粛性はとても高い
  • シート、足回りの固さが絶妙なバランスのため、長距離ドライブでも疲れない
  • 車高が低めのため乗り降りの際に少し辛い

乗り心地もかなり高い評価を得ています。

特に静粛性に関して絶賛しているユーザーさんが多かったです。

スバルの新プラットフォーム、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)の恩恵がとても高く、今後10年は使えると言われています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

インプレッサスポーツは車高が低いため乗り降りがし辛いと、不満に感じているユーザさんの意見もありました。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

ただ、高剛性を追及すると車高は低めになります。

多少乗り降りし辛い部分があっても安全性と引き換えであると考えれば、許容出来る範囲内ではないかと思います。

試乗評価:走行性能

走行性能の試乗評価
  • 地面に吸い付いているかのような安心感で運転できる
  • 急激な加速ではなく徐々に加速していくため運転しやすい
  • ハンドリングの反応がとても速く運転していて楽しさを感じる

WRCで培った伝統のノウハウを集約したスバルのシンメトリカルAWDは、運転者と同乗者に圧倒的な安心感を与えています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety1.html

ハンドリングは、運転者の意思をしっかりと路面に伝え、車を操る喜びや楽しさが十分に感じられます。

これらが組み合わさることで、試乗評価にあるような地面に吸い付いている感覚を体感することが出来ます。

試乗評価:燃費

燃費の試乗評価
  • 街乗りで10㎞/L、高速道路で13㎞/Lくらい
  • 全体でも11㎞/Lに落ち着いてきた
  • 冬場ということもあったが8㎞/Lとあまり良くない

燃費に関しては、あまり良い評価ではないようです。

カタログ燃費を見るとスタンダードモデルで18.2㎞/Lとなっていますが、実燃費は口コミを集計すると、約10㎞/Lになります。

燃費達成率も55%で、あまり良い数値ではありません。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/safety/safety1.html

ただ、インプレッサスポーツを選ぶ方は、走る楽しみを重視して、燃費はあまり気にしていない場合が多かったです。

インプレッサスポーツ試乗評価まとめ

インプレッサスポーツの試乗評価は、良い、とても良いといった評価がほとんどでした。

スバルの仕事は高く評価されているようです。

燃費や多少乗り降りがしにくいといったネガティブな意見も、走行性能やインテリア、エクステリア等の高評価によって、余裕でカバー出来ています。

安全性能もトップクラスであるため、家族で乗る場合も安心ですね。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの試乗のポイントについて

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

続いて、インプレッサスポーツに試乗するときのポイントについて紹介していきたいと思います。

試乗チェックポイント:ボディカラー

ボディカラーについてはホームページ等で見たカラーの印象と、実際にそのカラーを見た時の印象が変わることがあります

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade3

引用:https://www.goo-net.com/usedcar/spread/goo/15/700020412630190123001.html

画像同士の比較とはなりますが屋外にあるだけで随分印象が変わりますね。

ボディカラーは車の購入動機にも大きくかかわってくる部分です。

実際のボディカラーを出来るだけご自身の目で確認してくださいね。

試乗チェックポイント:内装

内装のバリエーションも大事な試乗チェックポイントです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

ボディカラーとの相性もありますし、装備品の使い勝手は実際に手に触れてみないとわからないものです。

ご家族で利用する場合は、各々がご利用予定のシート周り使用感を確認するのもお忘れなく^^

試乗チェックポイント:走行性能

インプレッサスポーツは、1.6Lエンジンと2.0Lエンジンの2モデルが設定されています。

インプレッションや試乗レビュー等で様々な感想が書かれていますが、記事を書いた方の主観が入り、少なからず個人差が出るため、あまり参考にならない場合もあります

アクセル開度に応じたパワーの出力であったり、CVTの変速タイミング、ブレーキの効き方等、体感しないとわからない車特有の癖がやはり出てきます。

しかし、試乗をすることでこれら問題は大半が払拭できると思います。

是非、2モデルとも試乗して違いを体感してみてください。

試乗チェックポイント:後部座席

インプレッサスポーツのラゲッジスペースと座席の広さは、高い評価を得ています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

写真で見ると、大人の女性がしっかりと座れるスペースが確保されています。

ただ、体格は個人差があるため、実際に後部座席に座って確認した方が良いでしょう。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/utility/package.html

普段から荷物を多く載せることが多い方は、ラゲッジスペースもチェックして、大きさを体感しておくと良いでしょう。

概ね良好な評価ですが、ホイールハウスの出っ張り部分が気になるという意見もありました。

インプレッサスポーツの試乗評価・ポイントまとめ

インプレッサスポーツの試乗レポートや評価、試乗ポイントについてまとめてきました。

インプレッサスポーツは走る楽しみが存分に味わえるスバルらしい仕上がりになっています。

コストパフォーマンスを重視するのであれば、普段使いで必要十分なパワーの1.6Lモデルがおすすめです。

車両本体価格が2.0Lモデルに比べて約450,000円安くなり、オプションやカスタム費用に資金を回せます

インプレッサスポーツ:1.6i-L EyeSight

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/grade/grade.html#grade1

インプレッサスポーツはグレード毎のコンセプトが分かりやすく、選択に迷う要素が少ないのも魅力です。

インプレッサスポーツの試乗評価を見て興味が湧きましたら、ぜひスバルディーラーで試乗してみてくださいね。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク