インプレッサスポーツの燃費と実燃費の差は?燃費向上する乗り方をご紹介!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

よく曲がり、よく走るスバル・インプレッサスポーツ。

運転するのが楽しくて、ついつい遠出したくなりますよね。

そこで気になるのが燃費と実燃費の差、さらに燃費が向上する乗り方があるなら事前に知っておきたいもの。

この記事ではインプレッサスポーツの燃費と実燃費の差、燃費向上する乗り方についてご紹介しています。

スポンサーリンク

スバル・インプレッサスポーツの燃費情報

まずはカタログ燃費から見てみましょう。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/spec/spec.html

JC08モードで計測した場合、1.6i-L EyeSightが一番燃費が良いようで、リッター18.2kmです。

18インチホイールを装着した2.0i-S EyeSightでも良好な燃費でリッター16.0kmとなっています。

今流行のハイブリッドシステム等は設定されていません。

ガソリンエンジンモデルのみでこの数値は、中々の数値を達成しているのではないかなと思います。

そもそも、インプレッサスポーツは車を操る楽しさ、乗る楽しさに重点を置いているので、燃費は正直なところあまり期待していませんでした。

上位グレードの2.0i-S EyeSightは18インチホイール、タイヤサイズは225/40R18と、なかなか攻めのセッティングです。

それでもこの燃費を出せるということに、スバルの技術の高さを改めて感じずにはいられません。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの実燃費口コミと燃費確認方法

操る楽しさ、乗る楽しさを高水準で体感出来るインプレッサスポーツですが、実燃費はやはり気になりますよね。

それではインプレッサスポーツオーナーさんの実燃費の口コミを見てみましょう。

1.6リッターモデル

平均12.9km/Lと表示されている

街乗りで9.0km/L、郊外で12.0km/Lくらい

一般道平均は14.0km/L±1.0kmくらいで落ち着いている

2.0リッターモデル

燃費は10.0km/Lくらい

郊外に出ると14.0km/Lくらいまで伸びる

13.3km/L 車体の重さなどから考えれば全然我慢できるレベル

リッターあたり大体13.2kmくらいで落ち着きそうですね。

これは、カタログ燃費(JC08モード)に対しての燃費達成率が72.5%ということで、全車種燃費達成率の平均73.1%とほぼ変わらない数値です。

また、この車でこれだけ走ってくれれば全然OKという口コミが多く、インプレッサスポーツの実燃費に大半のオーナーさんが満足しているようでした。

やはり、スバル・インプレッサスポーツは燃費を気にして走る車でないと、実際に購入されたユーザーの多くは考えているようです。

そもそも、燃費を第1に考えるユーザーの方ならプリウスなどのハイブリッド車を選ぶでしょうから。

インプレッサスポーツの実燃費をライバル車と比較

インプレッサスポーツと比較される車に、マツダ・アクセラスポーツがあります。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/grade/?link_id=sbnv#axela-sport

どちらもコンパクトでスポーティーな走りを売りにしています。

そのマツダ・アクセラスポーツの燃費ですが、カタログ燃費(JC08モード)はリッター20.4kmとなっています。

実燃費に関しては、平均でリッター15.8kmくらいに落ち着くようです。

両者をわかりやすく表にまとめてみます。

燃費 インプレッサスポーツ
(2WD)
アクセラスポーツ
(2WD)
カタログ燃費
(JC08モード)
18.2km/L 20.4km/L
実燃費(平均) 13.2km/L 15.8km/L
燃費達成率(平均) 72.5% 77.4%
重量 1,300kg 1,280kg
エンジン出力 115馬力 111馬力

インプレッサスポーツの燃費評価

ご覧のように、アクセラスポーツに比べて重量とエンジン出力が上です。

アクセラスポーツより総じて高出力で走ることになるので、燃費が伸びなかったのではないかと推測します。

単純に、エンジン出力を優先させたい方は、インプレッサスポーツをおすすめします。

アクセラスポーツの燃費評価

インプレッサスポーツに比べても軽い重量に加え、マツダスカイアクティブテクノロジーによる高い技術力がアクセラスポーツの魅力です。

このため、アクセラスポーツは実燃費の燃費達成率も脅威の77%越えを達成しているのではないかと思います。

このクラスのガソリン車でカタログ値とはいえ、20km/L超えは驚異的な数値です。

燃費重視ならアクセラスポーツがおすすめですね。

実燃費の確認方法

実際にユーザーの方がどうやって実燃費を調べているか、ということですが、大体は燃費計に表示される平均燃費を参考にされているようです。

また、昔からよくある方法として、給油の際にトリップメーターをリセットしておき、次回給油時、満タンまで給油して走った距離数を、給油した数量で割って平均燃費を出す、いわゆる満タン法もあります。

私も、燃費計に表記される平均燃費を見ていたのですが、ある時気まぐれで、満タン法もやってみようと思い、確認してみました。

私の車の場合、燃費計の平均燃費と満タン法での数値には毎回、5%程度のギャップがありました。

400km走行後給油入ります。
  • 燃費計の表示:13.1km/L
  • 満タン法:12.5km/L

毎回、こんな感じで燃費計の方が良い数値が出ていました。

満タン方のほうがより正確に数値が出せると思いますが、給油時に注意が必要です。

フルサービスのガソリンスタンドで給油してもらうと、スタッフの方がタンク容量ギリギリまでガソリンを注ぎ足す時があります。

これだと毎回同じ条件で計測出来ないので、満タン法を試す場合はセルフで給油するなどして、毎回同じ条件で計測してみてくださいね。

スポンサーリンク

インプレッサスポーツの燃費向上するコツとは?

スバル・インプレッサスポーツは燃費を気にして乗る車でないことは、お伝えしてきましたが、できることなら燃費良く走りたいですよね。

インプレッサスポーツにおいてはもちろんですが、他の車でもすぐに出来る燃費向上するコツをご紹介します。

極力エアコンは使用しない

エアコンの燃費への影響は割と大きいですよね。特に冷房については無視できません。

夏場の日中などを除き、極力エアコンの使用を控えることが、当然燃費の改善に繋がります。

夏でも、早朝や日没後などはエアコン無しでもやり過ごせることも多いですよね。

一方、冬場の暖房はエンジンの予熱を利用していて、エアコンの燃費への影響は軽微ですのでご安心ください。

この際、注意していただきたいのが、エアコンを長期に渡って全く利用しないことです。

車のエアコンパーツにエアコンベルトがあります。

このエアコンベルト、エアコンを長期で利用していないと、同じ形状でずっとテンションがかかることになり、結果ひび割れなどの劣化を早めます。

最悪、エアコンの故障に繋がりますので、定期的にエアコンはかけるようにしたほうがよいそうです。

これはゴム製品全般に言えることですので、用が無くても、週に1回くらいは車を利用するなどして気を配ってくださいね。

発進時のアクセルワーク

急発進はたまにしたくなるときはありますが、相当燃費悪化につながります。

燃費を改善させたいのであれば、グッとこらえて、静かにアクセルを踏んでください。

そして、そのままゆっくり踏み込んでいき、40kmくらいまで加速したら、アクセルをゆるめ、巡航速度をキープしてください。

車の燃費は、停発車で8割が決まる、といっても過言ではありません。

特に発車時は、1トン以上の物体を動かすわけですから、急加速なんてしていると、そうとうのエネルギーが必要になりますよね。

市街地を走る場合は信号が多く、急加速をしてもすぐに次の信号で引っかかり、このエネルギーロスを繰り返すことになります。

急加速をやめるだけでも、かなりのエネルギーロスを減少可能です。

結果、安全運転にも繋がるので、燃費改善のためにも心がけたい習慣ですね。

車間距離は多めにとる

先程でも少しふれましたが、1トン以上の物体を動かしたり止めたりすることは、とてもエネルギーが必要になります。

減速するときも同じです。

そもそも、減速する、ということ自体が、車を動かしているエネルギーを相殺することですから、なるべくなら減速しないほうがいいですよね。

車間を詰めていると、どうしてもブレーキを踏む頻度が上がってしまします。

車間距離を多めにとっていれば、ちょっとしたことでブレーキを踏む回数をかなり減らすことが出来ます。

余裕のある車間距離を心がけてくださいね。

エンジンブレーキの有効利用

ゆとりのある車間距離を取っておくことで、前方の信号が赤になった際、ゆっくりとエンジンブレーキを使用しながら減速停車することができます。

道路状況を分析、予測し早めにアクセルをゆるめるのがポイントです。

そして、徐々に減速しながら停車することで、無駄なくエネルギーを使用することが出来ます。

インプレッサスポーツの燃費向上まとめ

  • 極力エアコンは使用しない
  • 発進時のアクセルワーク
  • 車間距離は多めにとる
  • エンジンブレーキの有効利用

これら4つのポイントを守るだけで、本当に燃費は1~2割は改善されると思います。

いかにアクセルを少なく踏み込んで走りいかにアクセルを踏んでいる時間を短く出来るか、これが燃費改善に非常に重要なポイントです。

ちなみに、公道で制限速度を守らず、急発進、急停車等を繰り返して目的地に着く時間と、このエコ走法を行って着く時間の違いはたったの3分程度だそうです。

このことを念頭に安全運転を徹底すれば、燃費が格段に向上することは間違いないでしょう。

インプレッサスポーツの燃費・実燃費や燃費向上方法まとめ

スバル・インプレッサスポーツの燃費・実燃費や燃費向上方法についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

カタログ燃費の約72.5%の13.8kmくらいが、実際のインプレッサスポーツの実燃費のようです。

あまり、燃費を気にして走る車ではありませんが、エネルギーを効率よく使用する、ということからもなるべく、アクセルを使用する機会を減らす運転を心がけたいですね。

結果、燃費の改善につながりますし、安全運転にもなるでしょう。

時にスポーティーに走り抜け、時に安全運転でゆったりとしたドライブを、インプレッサスポーツとともに満喫してくださいね。

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク