インプレッサG4の安全性はどう?自動ブレーキや横滑り防止機能情報まとめ!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

近年、危険運転・交通事故が多くみられ、自動車メーカーも安全性能に力を入れています。

車を購入する上でも安全性能は重要な検討材料の1つです。

1992年より長年愛されているインプレッサは2011年にセダンタイプとスポーツタイプに別れ、それぞれインプレッサG4、インプレッサスポーツとして発表されています。

セダンタイプであるスバル・インプレッサG4の安全性はどうなのでしょうか。

自動ブレーキや横滑り防止機能の情報も含めて紹介します。

スポンサーリンク

インプレッサG4って運転しやすい?運転しにくい?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

インプレッサG4は運転しやすいのでしょうか。

視界・ステアリングを含めて紹介します。

インプレッサの運転視界は?

まず前方視界です。

インプレッサG4のシートは深めですが実際座ってみても視界が広いです。

2.0i-Sのシートは8ウェイパワーシートになっていますので、自分で前方の視界が1番見えるポジションまで動かすことができます。

前方の視界は良好ですが、ボンネットまでは見えないので注意が必要です。

次にカーブを曲がるときの死角です。

カーブを曲がる際の三角窓は死角がないようなデザインで広く作られていますので視界は良好です。

また、ドアミラーも以前のモデルより10㎝広がり、アームの形状と本体下部に抑揚が与えられているので、現行モデルではさらにカーブ時の死角が減少しています。

次に後方視界です。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety0.html

後方視界は、斜め後方からの接近を警告するLEDインジケーターが搭載されています。

表示警告も見やすく安心して見えない部分のサポートをしています。

インプレッサG4の駐車に関しては、後方の視界も他のセダンタイプより確認しやすいものとなっています。

インプレッサG4のステアリング・小回りは?

インプレッサG4のステアリングは少し重めです。

しかし、ハンドルを切る際に困るという訳ではなく、ハンドルを触ると行きたい方向にゆっくり向いてくれます。

ハンドルの遊びが少ない分、カーブ時など一体感を感じることができるため、運転しやすいです。

また、小回りは、最小回転半径で判断します。

インプレッサG4の最小回転半径は5.3mとなっています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

この数字を言われてもピンときませんが、一般的に最小回転半径は5.0m未満が小回りのよい車、5.5m以上が小回りの悪い車といわれていますので、インプレッサG4は標準タイプの小回りといえます。

インプレッサG4のブレーキ・走行性能は?

最後にブレーキ・走行性能について紹介します。

ブレーキは、メーカーによってクセがあるため、メーカーを変えるとはじめブレーキに戸惑う人が多いです。

インプレッサG4のブレーキは、遊びが少ないです。

特に購入したての車は少しブレーキを踏んだだけでも急ブレーキのようにかかってしまいますので、インプレッサG4のブレーキをかけるときは優しく踏むようにしましょう。

走行性能に関しては1.6Lと2.0Lモデルがありますが、1.6Lでも十分馬力があります

スタート時、40km/hまでは加速が弱いですが他の車と比べても十分です。

また、悪路走破性に関しても、4WDでは雪道などでも安心して走行することができます。

しかし、最低地上高が130㎜とセダンならではの低い車ですので雪が高いと運転しにくい場合がありますので注意しましょう。

インプレッサG4の運転しやすさは視界、ステアリングなど総合的にみても運転しやすい車です。

スポンサーリンク

インプレッサG4の安全性はどう?自動ブレーキの性能は?

初めに現在の日本の事故の現状について紹介します。

(※平成 30 年 9 月 30 日警察省交通局調べ)

現在の日本の事故は減少傾向になっていますが、いまだに歩行者と自動車が事故率が高い
です。

全体でみると、

このように、全体の約 7 割が歩行者と自動車の事故となっています。

現在も多い自動車事故の種類はどのようなものが多いのでしょうか。

2014 年の事故の種類ランキング(警察局交通省調べ)を紹介します。

これを見ると分かるように 1 位から 4 位までは安全運転義務違反となり、安全に注意していれば防げる事故です。

今までの安全対策は、事故が起こった際の軽減策エアバッグなどの強化(衝突安全性能)を重視してきました。

しかし、安全に注意するための予防安全機能を車につけることで不注意(例を挙げると、アクセルとブレーキを間違えた)による事故を防止する対策がとられるようになりました。

このことを踏まえインプレッサ G4 の安全性能はどうなのでしょう。

衝突安全性能・予防安全機能、それぞれ紹介します。

インプレッサ G4 の衝突安全性能は?

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety3.html

衝突安全性能とは、衝突時に衝撃を軽減させる性能をいいます。

例を挙げてみるとシートベルトの性能や、エアバッグです。

インプレッサG4の衝突安全性能は、まず衝突安全ボディです。

スバルグローバルプラットフォームを採用したことにより車体の強度が強く、フレームが衝撃を強度に吸収してくれます。

次に注目すべき点は、エアバッグです。

インプレッサG4をはじめスバル車では世界で3番目に歩行者エアバックを搭載しています。

歩行者エアバックとは、歩行者と接触した場合、歩行者の頭部を衝撃から守るため、車のボンネットにエアバッグを出すシステムです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety3.html

インプレッサG4の歩行者エアバックは20~30/1000秒で衝撃を検知し、その後30~40/1000秒でエアバッグが開きます。

このことで自分だけでなく、歩行者の追突時の衝撃を防ぐことができます。

最後にシートベルトです。

インプレッサG4のシートベルトはロッキングタング付シートベルトを全席・後ろ左右にも搭載しています。

衝突時にシートベルトが緩み腰が前方に移動してしまうのを防止するようにロックがかかります。

このことで、衝突の際の腰痛や首の痛みを軽減することができます。

インプレッサG4の予防安全性能は?

インプレッサG4には、スバルの先進安全運転システムのアイサイト(ver3)が搭載されています

このアイサイト機能により、2010年から2014のスバルの調査ではアイサイト搭載車とアイサイト非搭載車の人身事故率が総合で約84%減少していると言われています。

2018年には、国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構が実施した自動車安全性能の比較アセスメント「2018年度JNCAP」の予防安全性能評価において最高ランクのASV+++を獲得しています。

予防安全性能の1番の機能と言われているのは、アイサイトです。

アイサイト・自動ブレーキの性能について紹介します。

運転支援アシストアイサイトは、主にステレオカメラによって運転支援をレベルアップしています。

他社の認識するカメラは、レーダー、もしくはレーダー+カメラによって対物・対人を認識していますが、このアイサイトでは左右2台のカメラにて対物・対人との距離や移動速度を正確に認識することができます

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety2.html

アイサイトの機能により、以下がサポートされます。

危険防止編

プリクラッシュブレーキ…衝突の危険があると判断した場合はドライバーに注意し、制止がない場合はブレーキ制御を行います。

※前方車両との速度差が約50km/h以下の場合は、衝突回避・被害軽減します。

後退時ブレーキアシスト…後退時に障害物を検知したら警報音と警告表示で注意喚起します。

回避できない場合は、自動ブレーキにより衝突回避または被害を軽減します。

AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御…発進・更新時に誤作動による、シフトレバーやブレーキ・アクセルの間違い・障害物などの衝突を警告表示と警告音で注意喚起、回避できない場合は自動ブレーキにより衝突回避または軽減します。

また、後進はすぐに衝突の可能性があるので後退速度リミッターも装備されています。

負担軽減編

長時間の運転は、運転に負担がかかり事故を招く割合が増えます。

アイサイトは運転の負担を減らす機能も搭載されています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety2.html

全車速追従機能付クルーズコントロール…高速道路で0km/h~100km/hの速度の中、先行車に一定の速度と距離を保ち自動運転します。

アクティブレーンキープ…自動運転で約60km/hを走行している際、車線はみ出し防止をサポートし、ステアリング操作のアシストを行います。

この機能を他の自動車メーカーと比べてみました。

安全性能はそれぞれ独自の安全サポートがあり、名称が違います。

スバルのアイサイトは、走行速度の距離が長く負担軽減をしています。

また、停止可能な速度差も、この距離以外では警告音などでお知らせしてくれます。

これを見ても分かるように、アイサイトの機能は、他の自動車メーカーと比較しても1.2を争う安全性能となっています。

スポンサーリンク

インプレッサG4の横滑り防止機能の性能は?

インプレッサG4の横滑り防止機能はどうなっているのでしょう。

横滑り機能は、主に天候不良(雨や雪)などで、車がスリップしやすい環境での危険を防止します。

人が車をカーブさせる際、意識的に注意して行っていることを、サポートします。

このように、障害物をアイサイトの機能で認識しながら必要に応じて車輪ブレーキをかける機能をVDC(ビークルダイナミクスコントロール)といい、これがインプレッサG4の安全性能を更に高めます。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety1.html

この機能で外にはみ出したり(アンダーステア)、内側にスピンする(オーバーステア)ことを防止します。

このVDC機能も改良されていて、VDCをただ作動させるのではなく、運転者の動きに合わせてブレーキ機能をかけられる機能、急ブレーキにならないように滑らかな運転を実現されています。

他に横滑り機能をサポートするものが、ブレーキ性能です。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety1.html

衝突回避などで急ブレーキをかけると衝突を避ける反面、横滑りやスリップをしてしまうことがあります。

インプレッサG4では急ブレーキを防ぐため、ABS(アンチロックブレーキシステム)が搭載されています。

この機能は、急ブレーキの検知をするとブレーキ圧を軽減し、EBD(電子制御動力配分システム)が制動力を分配させることにより、ブレーキ時にすべてのタイヤ圧が分配され、横滑りやスリップを軽減させています。

インプレッサG4の安全性・自動ブレーキや横滑り防止機能まとめ

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/design/exterior.html

インプレッサG4の安全性・自動ブレーキについて紹介してきました。

インプレッサG4を含め、スバルの安全性能は、衝突安全性能・予防安全性能含めて最新の技術を誇っています。

インプレッサG4は、トップクラスの安全性能ですので安心して走行することができます。

安全性能は、グレードによってオプション装備が必要な場合もありますので注意してください。

しかし、衝突安全性能や自動ブレーキは使わないにこしたことはありません。

あくまでも予防安全性能ですので、日頃の運転には注意して走行しましょう。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety3.html

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク