インプレッサG4の外寸・外装情報!機械式駐車場に駐車可能?

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

インプレッサG4のボディサイズ・外寸はどうなっているでしょうか?

コンパクトセダンタイプなので、乗りやすいサイズで、取り回しも良さそうですよね。

この記事では、インプレッサG4の外寸・外装情報や、機械式駐車場に駐車が可能なのかについて紹介していきます。

スポンサーリンク

インプレッサG4の外寸(横幅・長さ・車高)情報

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4を検討していると、ボディサイズも気になりますよね。

男性3

全長が長いとバックで苦労するんだよね・・・

女性3

全幅が広いのも、狭い道や駐車場で苦労するわよ

このように、私も大きな車に買い換えた時は外寸をかなり気にした記憶があります。

勿論、これからインプレッサG4の購入を検討している方も、ボディサイズやフロント視界、後方の視界など色々と不安があると思います。

しかし、インプレッサG4にはこれら不安を一層する便利アイテムやオプションがあるのでご安心下さい。

まずは、ボディサイズや室内から見た視界がどうなっているか見ていきましょう。

インプレッサG4のボディサイズは?

インプレッサG4のボディサイズは標準的なものなので、それほど不安に感じる必要は無さそうです。

軽自動車から乗り換える場合は、多少の不安があるかもしれませんが、直ぐに慣れると思います。

私も軽自動車からレガシィに乗り換えた経験がありますが、1週間もすれば慣れました^^

インプレッサにはハッチバックタイプの「スポーツ」と、セダンタイプの「G4」があります。

ハッチバックタイプの、「スポーツ」のほうがボディサイズは小さいようです。

インプレッサG4のフロント視界は?

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4のフロント視界は、フロントガラスがとても広いので見晴らしが良いです。

男性5

左ドアミラー部分も死角が少なくて安心!

このように喜ばれている口コミもありました。

ドアミラーの部分には三角窓もありますが、枠が細く死角になる部分が少ないことが画像からでもわかりますね。

運転席に座ると多少ボディサイズが大きく思えますが、「アイサイトセイフティプラス」があれば、後方の状況や左サイドの状況がわかるようになります。

インプレッサG4の後方視界は?

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4はリアガラスがかなり傾斜しているため、慣れていないと後方確認に苦労します。

直接リアガラスを見ながらバック駐車をする場合、最初は大変かもしれません。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety0.html

リアガラスは細い感じで死角が多いように感じます。

「アイサイトセイフティプラス」か「バックカメラ」を装備して運転の補助に使うと良いでしょう。

インプレッサG4のアイサイトセイフティプラスは便利?

引用:https://www.subaru.jp/

「アイサイトセイフティプラス」は狭い道や幅寄せをする時に、ディスプレイに左側の状況を表示してくれます。

ギリギリまで幅寄せが出来ますし、対向車が来ても問題なく端っこに寄って、邪魔にならないように止まることが出来ます。

後方から接近してくる車に対して常にセンサーが監視し、ドアミラーのランプが点灯して警報で運転手に注意を促します。

ドアミラーで見えにくい場所に車がいても、ドアミラーのインジケーターで存在を知ることが出来ます。

スポンサーリンク

インプレッサG4って機械式駐車場に駐車可能?

インプレッサG4のボディサイズは、どのグレードも変わりはありません。

インプレッサG4は「全幅1,775mm」で、3ナンバーの車になります。

都市部のマンションは機械式駐車場の場合があります。

新しく車を買う場合、駐車場に入るかどうかが心配ですよね。

そもそも、機械式駐車場は種類が多く、制限するサイズが違うケースもあります

インプレッサG4は機械式駐車場に入る?

引用:https://www.subaru.jp/

機械式駐車場には「Mサイズ」と「Lサイズ」があります。

Mサイズの機械式駐車場の場合は、インプレッサG4の全長が「370mm」しかゆとりがありません

ギリギリではないにしても、しっかりと後ろまでバックをしないとフロント部分が出て機械式駐車場のどこかに接触するかもしれません。

全幅もMサイズの機械式駐車場なら、「75mm」しかゆとりがありません

きちんとパレット内にタイヤを収めないと、ボディがチェーンとかに接触しそうです。

セダンなので全高は全く問題ないですね。

最低地上高は130mmと低めのため、駐車場乗り入れ時の傾斜には注意が必要です。

引用:https://www.subaru.jp/

Lサイズの機械式駐車場ならMサイズと違いぎりぎりになる部分はありません。

安心して駐車場に入れることができます。

Mサイズの機械式駐車場なら全てのカメラを駆使して、駐車をすれば問題ないような気もします。

インプレッサG4の車両重量は「1,360kg~1,400kg」で、機械式駐車場の制限している車両重量より軽いので余裕で駐車ができますね。

機械式駐車場は、車がタワー内で観覧車のように回転移動して随時入出庫する仕組みのものがあります。

パレットに車をきちんと載せていなければ、ボディが傷つく可能性もあるのですが、駐車の際、基本的には係員が誘導してくれますので大丈夫です。

私が停めた機会式駐車場は正面に大きな鏡も設置されていたので、楽に駐車できました。

スポンサーリンク

インプレッサG4の外装, 外装パーツについて

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4は、セダンの持つ高級感とスポーティなスタイルが合わさって、とてもカッコいいですね。

インプレッサG4(セダン)とインプレッサスポーツ(ハッチバック)の、フロントデザインは全く同じデザインが採用されています。

全高はハッチバックよりも低いですが、全長はハッチバックよりも長くなっています。

インプレッサG4はハッチバックよりもボディサイズは大きいですが、ホイールベースは全く同じです。

全高が低く全長が長いので、ワイド&ローを強く感じることができて、インプレッサG4はスポーティなセダンでとてもかっこ良いです。

インプレッサG4の外装フロントデザインについて

引用:https://www.subaru.jp/

スバルの車はアクティブでスポーティな車が多いです。

従来からスポーティな車を多く販売しているスバルですが、インプレッサG4は「インプレッサ」のネーミングも継承をしています。

引用:https://www.subaru.jp/

後方を見てもテールランプやブレーキランプなど、一つ一つがまとめられている印象を受けます。

フロントとリアにオプション装備を取り付けることで、インプレッサG4のかっこ良さが引き立ちます。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

ヘッドライトのデザインは横に大きく独特な雰囲気を持ち、コの字の形状がかっこ良さを引き立てます。

ヘッドランプウォッシャー付近にあるフロントバンパーのデザインもマッチしています。

フロントもリアもシャープな印象を受けるデザインで、スバルのこだわりを感じます。

インプレッサG4の見えない部分のこだわり

引用:https://www.subaru.jp/

外観に施される細かいデザインにも、実はスバルの特徴とも思える形状が隠れているのです。

インプレッサG4を含めたインプレッサシリーズには、「スバル・グローバルプラットフォーム」をベースに、「DYNAMIC × SOLID」のデザインを全面的に採用しています。

フロントデザインだけではなくて、リアのデザインにもダイナミックな彫り込みなど、特徴的なキャラクターラインが表現されています。

インプレッサG4の外観はスバルが長年築き上げてきた、走りにこだわる姿勢も隠れています。

ボンネットの材質も軽量なアルミを使用しています。

引用:https://www.subaru.jp/

そして、空力性能を上げるためにも、エンジン下とフロア下にはカバーが取り付けられています。

これは、車体の下の空気を整流して、空気抵抗を低減させるためのものです。

インプレッサG4のデザインは意味のないものはなく、全てに意味をもたせたデザインなのです。

インプレッサG4外装パーツおすすめオプション

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4には色々な外装パーツがありますが、他の人はどういうパーツを選んでいるのか気になりませんか?

インプレッサG4はエアロパーツも似合いますが、これは人の好みが分かれるものなので、ここでは別のおすすめパーツを紹介していきます。

LEDアクセサリーライナー

引用:https://www.subaru.jp/

フロントデザインの印象をグッと引き締めて、外観をゴージャスにしてくれるライトです。

スイッチで点灯消灯ができます。

ディライトとも言いますが昼間でも、視認性が高いオプションです。

「LEDアクセサリーライナー」の値段は、25,000円です。

フロントグリル

引用:https://www.subaru.jp/

メッシュ部分はブラック塗装でグリルの枠部分は、ガンメタ塗装で仕上げられています。

フロントフェイスを鋭い顔つきに変えるインプレッサシリーズでは人気商品の一つです。

カタログを見る限りでは、光るエンブレムもセットで販売しているようです。

過激な光ではないので、対向車は眩しいとは思わないでしょう。

引用:https://www.subaru.jp/

夜の田舎道はほとんど電気がないので、こういうオプションは逆に安全装備となるでしょう。

都市部では単なるドレスアップアイテムとして、使うのが良いかもしれません。

個性が出るのでこういう光り物も良いと思います。

このオプションの価格は「49,680円」です。

インプレッサG4の外寸・外装情報まとめ

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4の外寸・外装情報をまとめてきました。

インプレッサG4のボディサイズはそれほど大きくないことがわかりました。

機械式駐車場に駐車する場合、全長と横幅はあまり余裕がないので注意してください。

しかし、インプレッサG4は「アイサイトセイフティプラス」など、車の操作を楽にするオプフォン装備が充実しています。

自宅の駐車場が狭いなどの事情で不安がある方は、こういった装備を追加しておくと安心ですよ。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク