インプレッサG4のモデルチェンジ予想!最新情報をチェックしよう!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

インプレッサG4がモデルチェンジをするようです。

もしモデルチェンジをするとなれば、どういう部分が変更されるのでしょうか。

この記事ではインプレッサG4のモデルチェンジ新情報の紹介や、大胆予想をしていきます。

スポンサーリンク

インプレッサG4のモデルチェンジ情報!

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4がモデルチェンジされるという情報がありますが、マイナーチェンジされる情報もあります。

マイナーチェンジは車のデザインや性能を部分的に小規模な範囲で変更しますが、最近ではマイナーチェンジにも段階的に分けられることもあります。

フルモデルチェンジは車のプラットフォームから全体的にモデル変更をする事を言います。

今では「キープコンセプト」という名前で、外観はほぼ変更がないモデルチェンジも行われるようです。

インプレッサG4の主な変更点とは?

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4のグレード「2.0i-S EyeSight」をベースに、専用の内外装パーツが装着されます。

内装は質感の高いボルドー内装を採用するのではないかというネット情報もあります。

インプレッサG4は外観がスポーティなだけに、スポーツモデルがないのが残念なところです。

引用:https://www.subaru.jp/

そういえば、他のスバル車では「Advance」のグレードがありますが、インプレッサG4にはないですね。

インプレッサG4に「e-BOXER」が搭載され、「Advance」が登場する可能性があります。

IMPREZA STI Sport CONCEPT

引用:https://www.subaru.jp/tas/lineup/impreza.html

スポーツモデルの「STI」が設定される可能性もあります。

市販化が前提のモデルで、「インプレッサSTIスポーツ」が2019年の、東京オートサロンで公開されています。

内装は質感を上げるために、ボルドー内装を採用します。

インプレッサG4の外観デザイン

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4のボディサイズは「全長4,625mm全幅1,775mm全高1,455mm」です。

インプレッサG4の外観は海外仕様と日本仕様とでは若干の違いがあるようです。

日本仕様のインプレッサG4は、フロントグリル周辺がシルバーのメッキになっています。

フォグランプのデザインも若干異なっているようにも思えます。

インプレッサG4の現行モデルは前のモデルのデザインを上手く継承しているように感じます。

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサが公開される前は、レヴォーグやレガシィみたいなフロントグリルが採用されると思われていました。

ですが、予想とは裏腹に全く違うフロントグリルだったので、予想は大きくハズレてしまいました。

海外ではノーマルモデルとリミテッドモデルの、2種類のモデルを選ぶことができるそうです。

個人的にインプレッサG4でもノーマルモデルと、リミテッドモデルが選べると良いなぁと思っています。

スポンサーリンク

インプレッサG4のモデルチェンジ予想!

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4のモデルチェンジがネット上で話題になっています。

いろいろな情報が飛び交う中で、インプレッサG4がどういう変更があるのか興味深いですね。

次はインプレッサG4のモデルチェンジを私なりに予想をしていきます。

アイサイトツーリングアシストが搭載される!?

引用:https://www.subaru.jp/

スバルの上級モデルに搭載されていた「アイサイトツーリングアシスト」が、インプレッサG4にも搭載される可能性があります。

ライバル車のカローラスポーツも、アイサイトツーリングアシストと同じような性能を持つ「第2世代トヨタセーフティセンス」を搭載させました。

競争心は日産やダイハツほどはないかもしれませんが、インプレッサG4に「アイサイトツーリングアシスト」を搭載すると予想します

それとも、もう少し様子を見てアイサイトのバージョンアップ版を、搭載する可能性もあるのではとも予想しています。

ハイブリッドモデルが登場する可能性がある?

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4にはこれまでなかったハイブリッドモデルが追加されると予想します。

インプレッサG4はスポーツカーではないので、ハイブリッドモデルが追加されない理由はないでしょう。

「インプレッサG4 Advance」というグレードが追加され、「e-BOXER」が搭載される可能性があります。

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/driving/e-boxer.html

「e-BOXER」は走りの楽しさと運転のしやすさを、誰でも実感できるスバルの水平対向エンジンに電動技術を合体させたシステムです。

「e-BOXER」は2.0LのインプレッサG4に搭載され、コンパクトで高性能なモーターとバッテリーが搭載されます。

アクセルを軽く踏んだだけでスムーズに加速していき、軽快な走りを実現します。

発進と停止を繰り返す市街地でも、使いやすくなっているのが特徴です。

インプレッサG4のモデルチェンジ後の外観を予想

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4のモデルチェンジ後の外観は、それほど変化はないと予想します。

いまさらグリル部分をスバル車全車種同じにするとはとても考えにくいです。

それでもバンパー周辺はデザインが若干変更するかもしれませんし、ヘッドライト周辺も少しだけ変わるかもしれません。

些細な部分が変更されるだけで、パッと見た感じでは何処が変更されたかはわかりにくいくらい、少しだけの変更だと予想します。

海外仕様にはリミテッドモデルとノーマルモデルがあるようです。

しかし、日本仕様のインプレッサG4場合、モデルチェンジ後も選択出来ないと予想します。

スポンサーリンク

インプレッサG4のモデルチェンジ時期について

引用:https://www.subaru.jp/

初代インプレッサは「1992年」にデビューして、「2000年」で2代目にモデルチェンジをしています。

3代目は「2007年」にデビューし、今に至るまでのモデルチェンジは「7年~8年」で行われています。

4代目にフルモデルチェンジしたときは、ペースが上がり3代目が発売されてから「4年後」にモデルチェンジでした。

4代目は2011年に発売され5年後に、5代目のインプレッサG4になっています。

こういった流れで「2019年にモデルチェンジされるのでは?」とネット上で、話題になっているようです。

引用:https://www.subaru.jp/

過去のパターンを見てもデビューから4年でモデルチェンジはなかったように感じます。

私はインプレッサG4が2020年くらいに、フルモデルチェンジされるのではと予想しています。

次は、インプレッサG4の価格や発売される月などを大胆に予想していきます。

インプレッサG4の価格を予想

引用:https://www.subaru.jp/

現在インプレッサG4の新車は「1,944,000円~2,613,600円」で販売されています。

モデルチェンジ後も価格は余り変わらないように感じます。

ただ、数万円くらいの違いはどのグレードも出てくると予想します。

安全装備や室内装備などの改良と、装備や機能の追加で若干値段が上がると思われます。

インプレッサG4に「Advance」が追加されれば、価格は「275万円」ほどになるのではないでしょうか。

インプレッサG4STIバージョンが登場するなら、STIバージョンは300万円を超えそうな気もします。

インプレッサG4のモデルチェンジ時期は?2019年に販売される?

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4のモデルチェンジは、2019年11月くらいだという噂があります。

私の予想では2020年だと考えていますが、過去のパターンを考えると「そんなに速くモデルチェンジをするかなぁ」と、そのように予想しています。

まだメーカーが販売時期を正式に発表していないので、どのネット情報を見ても販売時期は言い切ってはいません。

過去のパターンを見て予測している情報もありました。

「e-BOXER」を搭載すると言うなら、2020年まで販売を控える可能性もあります。

引用:https://www.subaru.jp/

モデルチェンジのスパンが速いメーカーもあります。

スバルは車種によっては落ち着いてモデルチェンジをしているように感じますが、よく調べてみると2019年11月にモデルチェンジが予定されているようですね。

インプレッサG4のモデルチェンジ予想・情報まとめ

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4のモデルチェンジ予想や情報についてまとめてきました。

フルモデルチェンジをする車というのは、どういう部分が変更されるのかいつも興味がわきますね。

インプレッサG4の場合は外観はそれほど変更は無いようで、バンパー周辺とテールランプ周辺が若干変更があるようです。

安全装備は「アイサイトツーリングアシスト」が、装備される可能性もあります。

予想しているとワクワクが止まりませんが、2019年11月を期待して待ちましょう!

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク