インプレッサG4のサイズ比較・サイズ感はどうなの?

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

インプレッサG4のサイズやサイズ感などは、検討している方にとっては見逃せない項目ですよね。

取り回しの良さって日本の道路事情を考えるとかなり重要です。

この記事ではインプレッサG4がどれほどのサイズなのか、ライバル車とのサイズ比較も合わせて紹介していきます。

スポンサーリンク

インプレッサG4の大きさってどれくらい?

インプレッサG4のボディサイズは「全長4,625mm全幅1,775mm全高1,455mm」と、このクラスのセダンとしては標準的なサイズです。

押し出し感の有るデザインが実際のサイズよりも車体を大きく見せ、かっこ良くクールな車だと感じます。

引用:https://www.subaru.jp/

軽自動車から乗り換えた場合、全長が「4,625mm」あるのでバック駐車や、前方の車両感覚がつかみにくいかもしれません

とくにバック駐車をする時に、不安を感じることがあります。

そういう場合は、「リアビューカメラ」をオプションで取り付けると良いでしょう。

「リアビューカメラ」は後方のカメラの映像をモニターに映し出します。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/driveassist/

カメラで後方の状況を知ることができるので、いきなり子供が飛び出してきてもすぐに対応が可能です。

さらに、モニターにはガイド線が表示されているためバック駐車が容易で、ガイド線通りに駐車すれば車を真っ直ぐに止めることが出来ます。

 

インプレッサG4の全幅は「1,775mm」あります。

全幅も「アイサイトセイフティプラス」の機能で、サイドビューモニターを確認すれば不安も解消されます。

引用:https://www.subaru.jp/

サイドビューモニターは、狭い道でのすれ違いや幅寄せなどで、助手席ドアミラーに装着されたカメラが、ディスプレイに表示されます。

サイドビューカメラを見ながら、対向車とのすれ違いをしたり幅寄せができます。

そうすることで、全幅のサイズに不安が有る方の不安も軽減出来るでしょう。

ちなみに、「アイサイトセイフティプラス」はメーカーオプションで、取り付けが可能です。

スポンサーリンク

インプレッサG4のサイズ感

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4のサイズ感は運転席に座っても見た目ほど、ボディサイズを感じることはありません。

「アイサイトセイフティプラス」の機能で、「フロントビューモニター」を使えば、前方のグリルに搭載したカメラの映像で、見えにくい左右の状況がわかるようになっています。

インプレッサG4のようなセダンタイプの車は、車のフロント部分が比較的長い設計です。

見通しの悪い駐車場から出るような場面では、車の半分くらい前に出ないと、安全確認が出来ません。

不用意に前に行くと左右からやって来る車に、クラクションを鳴らされるかもしれません。

引用:https://www.subaru.jp/

左右確認が難しい場所に駐車した場合、「フロントビューモニター」を使うとほぼ前に出なくても、ディスプレイ上で左右確認ができます。

先程紹介しました「アイサイトセイフティプラス」のサイドビューカメラも便利です。

引用:https://www.subaru.jp/

幅寄せや対向車とすれ違うようときなど、かなり役立つ機能です。

助手席側に取り付けられたカメラの映像が、ディスプレイに映し出されるので左側の状況がわかりやすくなります。

これら装備があれば、インプレッサG4のボディサイズはあまり気にしなくてもよくなりますね。

「アイサイトセイフティプラス」は、運転の不安も取り除くことができるとてもおすすめのオプションです。

引用:https://www.subaru.jp/

リアガラスはかなり傾斜しているため慣れていないと遠くに感じやすいです。

直接リアガラスから後方を見る場合は距離感に注意が必要ですが、基本的に慣れれば問題はないでしょう。

室内サイズは「全長2,085mm全幅1,520mm全高1,200mm」です。

 

後部座席は開口部分は十分に確保されていて乗り込みやすい感じです。

足元もゆったりとしていて快適に座れるでしょう。

セダンタイプとしては天井の高さは十分で開放感があります。

後部座席はセンタートンネルの張り出しがある分、ポコッと盛り上がっているので足元の横幅に関しては、少し狭いような感じがします。

後部座席の背もたれが高めに作られているので、しっかりと体を支えてくれます。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

アームレストも付いていて、ドリンクホルダーもアームレストの上部分に2個ついています。

トランクルームはセダン系なので、あまり期待はできませんが、トランク容量は「460L」あります。

スポンサーリンク

インプレッサG4のサイズ比較

引用:https://www.subaru.jp/

インプレッサG4と排気量が似通っている、マツダ3とボディサイズを比較していきます。

マツダ3は2019年5月に販売された比較的新しい車で、海外でもマツダ3で販売されていましたが日本ではアクセラという名前でした。

海外での車名と日本での車名を統一するために、マツダ3に変更されたようです。

ボディサイズ比較

全体的に見ると全高以外はマツダ3のほうが大きいようです。

引用:https://www.mazda.co.jp/

ボディサイズ比較結果
  • 全長:マツダ3のほうが「35mm」長い
  • 全幅:マツダ3のほうが「20mm」長い
  • 全高:インプレッサG4のほうが「15mm」高い

    インプレッサG4のほうが全体的に小さいので、その分取り回しなど安心して乗ることが出来ます。

    さらに前述したように、インプレッサG4にはアイサイトを始めとした諸々の安全装備もあり、サイズで不安に感じることはほとんどありません。

     

    デザインが好みでマツダ3も候補に入っているが、取り回しに不安を感じるという場合もあるかもしれません。

    引用:https://www.mazda.co.jp/

    そういう場合でも、マツダ3は運転をする人に不安を与えないような装備を、メーカーオプションで取り付けることが出来ます。

    マツダ3もインプレッサG4と同じく「前側方接近車両検知」が装備されていて、交差点に侵入するときに左右前方の死角から車が接近してくることを運転手に知らせます

    また、「360°ビュー・モニター」がメーカーオプションで設定されていて、バック駐車で上から見たような映像がディスプレイに映し出されるので、車の周囲の状況が分かりやすいです。

    さすがよく比較されるライバル車同士だけあって、サイズやユーザーの利便性に関して甲乙つけがたい感じです。

    インプレッサG4のサイズ比較・サイズ感まとめ

    インプレッサG4のサイズやサイズ感についてまとめてきました。

    インプレッサG4のボディサイズは、マツダ3などのライバル車と比較してもコンパクトに作られていて、取り回しの点で有利です。

    また、「リアビューカメラ」や「アイサイトセイフティプラス」など、ユーザーを補助する機能もたくさんあるので狭い道路や駐車場での操作も安心です。

    そのため、コンパクトカーや軽自動車から乗り換えるという場合でも、あまり不安に感じる必要はありません。

    引用:https://www.subaru.jp/

    インプレッサG4のデザインはシンプルで落ち着いた雰囲気ですが、セダンタイプの車が初めての場合、違和感があるかもしれません。

    たとえば、後方のリアガラスなどはかなり奥に感じますし、ボンネットも結構出ているようにも思えます。

    実際にインプレッサG4の運転席に座って、どれくらいのサイズ感なのかを体験することも重要です。

    是非スバルディーラーで試乗して、インプレッサG4のリアルなサイズ感を確認してみてくださいね。

    アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/

    インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

    こんな悩み、ありませんか?
    • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
    • 「頭金入れる余裕が・・・」
    • 「ボーナス期待出来ないし」
    • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
    • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
    • 「ディーラーの売り込みが・・・」
    • 最安値で手に入れたいけど・・・」

    などなど・・・
    インプレッサスポーツの購入を
    検討しているけどいろいろと問題が

    と悩んでいる方が
    とても多くいらっしゃいます。

    インプレッサスポーツの情報を
    ネットや友人から集めても
    なかなか有用な情報が得られず

    家族に相談しても、
    「じゃぁ安い車でいいじゃない」
    と聞いてもらえなかったり・・・

    そんな方におすすめの裏技
    ご紹介します!!

    下取りは一括査定サイトが断然お得に!

    下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

    ディーラーでは30万円の下取りが、
    買取業者では80万円になることも
    多々あります。

    一括査定サイトを使うことで、
    大手下取り会社の最大10社が

    あなたの車の買取価格を
    競ってくれるので、
    結果的に値段が吊り上がるのです。

    スポンサーリンク