インプレッサG4のスペック情報!加速性能や乗り心地はどう?

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

みなさんは車を購入する際どんな条件がありますか?値段という方もいれば車の性能という方もいるでしょう。

車好きの私にとって車の性能は欠かせない条件の一つです。

今回は元整備士の私の経験を踏まえて、マニア必見、人気のインプレッサG4のスペック情報を解説していきます。

加速性能や乗り心地にも注目していきます!

スポンサーリンク

インプレッサG4のスペック情報

車好きの中でもとりわけスバル車が好きという方、通称スバリストという言葉があるぐらいスバル車は他のメーカーに比べ作りが特殊で人気があります。

そんなスバル車の中でも根強い人気を誇るインプレッサの最新モデルG4は今までのスバルの技術が一台に詰まった車・作品に仕上がっています。

インプレッサG4のグレード

インプレッサG4のグレードは大きく分けると3種類です。

インプレッサG4:1.6i-L EyeSight

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade1

1.6Lエンジンを搭載し、インプレッサG4の標準グレードでありながら、先進の安全テクノロジーと装備が充実していてお得なモデルです。

インプレッサG4:2.0i-L EyeSight

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade2

2.0L直噴エンジン搭載し排気量がアップ。

1.6i-L EyeSightから更に上級装備を満載したインプレッサG4の上級グレードです。

余裕の排気量と充実した装備、価格のバランスに優れたモデルです。

インプレッサG4:2.0i-S EyeSight

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade3

インプレッサG4の最上位モデル。

18インチホイールで足回りを中心によりスポーティーに仕上がっていますね。

インプレッサG4のエンジン

  • 1.6Lエンジン:1.6i-L EyeSight
  • 2.0L直噴エンジン:2.0i-L EyeSigh 2.0i-S EyeSight

3種類のグレードは、1.6Lエンジンと2.0Lエンジンで区別されていますが、もちろん何れも水平対向エンジンを搭載しています。

この水平対向エンジンこそスバル車である証。

水平対向エンジン説明動画

 

動画の説明のように、通常のエンジンは縦に置かれている構造を元に作られていますが、この水平対向エンジンはエンジンが寝た状態を元に車が制作されています

この構造こそスバル車の特徴と言えますが、業界では整備士泣かせの構造である事も有名です。

普通は簡単に取り外せるものが取り外せない箇所に位置し、簡単に外せないものが簡単な箇所に位置しているという、天邪鬼のような構造をしています(汗)

インプレッサG4の安全性能

続いてはスバルの安全技術アイサイトです。

このアイサイトこそが今の時代に対応する為に、スバルが技術集結して生み出したシステムです。

スバルは大きく4つのこだわりをこのアイサイト・安全性能に秘めて実用化しています。

安全性能①:SAFETY 0次安全

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/content/safety/img/safety0_pict_1.jpg

  • こだわりの視界設計・・・良好な視界設計・ステアリング連動ヘッドランプ・オートライト・雨滴感知オートワイパー
  • 最適で快適なドライビングポジション・・・疲れにくいシート・チルト&テレスコピックステアリング・調整可能なシート
  • 操作しやすいインタフェース

安全性能②:走行安全

引用https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/images/activesafety/img02.png

  • 走行安定性
  • ライントレース性・・・VDC・アクティブトルクベクタリング
  • TRACKモード
  • ブレーキ性能・・・EBD付ABS・ブレーキアシスト/ブレーキオーバーライド

安全性能③:予防安全

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/images/preventive/img01.png

  • アイサイトコアテクノロジー
  • 衝突回避の支援・・・プリクラッシュブレーキ・後退時ブレーキアシスト・AT誤発進抑制制御&AT誤後進抑制制御
  • 運転負荷の軽減・・・ツーリングアシスト・全車速追従機能付クルーズコントローズ・アクティブレーンキープ・警報&お知らせ機能
  • アイサイトセイフティプラス
  • 安全運転の支援・・・スバルリヤビークルディテクション・アダプティブドライビングビーム・ハイビームアシスト・ドライバーモニタリングシステム・スマートリヤビューミラー・フロント&サイドビューモニター

安全性能④:衝突安全

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/images/passivesafety/img18.jpg

  • 新環状力骨構造ボディ
  • 前面/後面衝突
  • 側面/オフセット衝突・横転
  • 歩行者保護

 

この4つに分類される細かい機能や、細部までこだわった車づくりがスバルの目指している安全性能です。

ざっと見ただけでも、スバルの安全性能に対する並々ならぬ拘りが感じ取れますね。

※アイサイトコアテクノロジーは一部メーカーオプション

インプレッサG4:その他スペック

セダンとしてのサイズ感は程よく、街乗りに丁度いい外寸ですね。

全幅が1800mm未満なので機械式駐車場にも容易に対応できますが、エアロパーツなどを付けて地上高が下がっている場合は下回りに気をつけてください。

乗り出し価格は1.6Lの2WDで1,944,000円からと、お求めやすい価格です。

今年のマイナーチェンジで200万円の大台に乗ってしまいそうな気もしますがどうでしょう。

スポンサーリンク

インプレッサG4の乗り心地

実際に乗り心地を試乗して検証してみました。

スペックを元にこの車を分析すると、セダンではありますが、タイヤサイズなどはスポーツカー寄りの設定になっています。

外観・内装もその影響あってか、走り重視の作りです。

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/images/primarysafety/img11.jpg

運転席に実際に乗ってみるとやはり運転しやすいように視界は良好。

シートは若干深めで座った姿勢にフィットしますが、クッションは若干固めかな。

乗ってて疲れないシートとはこういう事かと思います。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/equipment.html

運転席周りにスイッチが集中していて、ステアリングスイッチも多く近未来的な作りになっています。

車好きには運転席周りですべて完結する作りはワクワクしますね。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/safety/safety1.html

ブレーキは正直なところ、メーカーによりフィーリングが違う為ある程度慣れが必要になりますが、この車はスポーティーな作りになっているせいか若干固めでした。

スピードが出ている場合は安心感が出ます。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/platform.html

車室内はロードノイズが思っている以上に静かでびっくり。

タイヤの扁平率(タイヤの薄さ)から考えれば振動を拾いやすい傾向にありますがボディーの消音機能が良いため、程よい騒音が感じられるくらいです。

シートが程よい硬さなので揺れを多少感じる程度で酔いにくく、女性にも運転しやすく同乗するお子さんも乗りやすい車だなと感じました。

いわゆる快適な車と言えるでしょう。

スポンサーリンク

インプレッサG4の加速性能

インプレッサG4の加速性能はどうなのか、こちらはカタログも見ながら解説していきます。

2.0L直噴エンジン

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/content/driving/img/powerunit_photo_2.jpg

スバルの特徴といえば水平対向エンジンです。

水平対向エンジンの良さは何かというと、低重心に設置出来る構造によりエンジンの反発力や車の挙動の安定性を高めてくれることです。

加速の前に進む力に対し逆に働く力が少ないという事になります。

またスバルは昔から4WDに定評があります。

この4WDこそがエンジンの力を路面に伝えるために必要なシステムです。

さまざまな道で深い安心感を提供するシンメトリカルAWD。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/content/safety/img/safety1_pict_5.jpg

スバルのシンメトリカルAWDはタイヤの駆動力を左右均等にかけてくれるため、悪路でもトラクション性能を失わずに発揮する事ができるシステムです。

この二つの機能を兼ね備えたインプレッサG4は無駄なく加速出来るシステムを搭載している事になります。

実際にインプレッサ2.0Lエンジンの最大出力は154馬力・最大トルク20.0kgf・mとなっています。

この数字だけみれば普通のスペックです。

引用:https://www.subaru.jp/levorg/levorg/special/photo.html

ちなみにスバルレヴォーグの2.0Lターボエンジンの最大出力は300馬力・最大トルクが40.8kgf・mです。

単純にターボの差という事になります。

なのでノンターボ車では決して遅いわけではありません。

また従来の車と比べてミッションの仕組みが変わりました。

インプレッサG4:リニアトロニック

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/driving/powerunit.html

MTの伝達率が99%だとするとATは90%、現在のCVTは80%程度と言われてます。

ですが伝達率が落ちた分、燃費性能が上がっているというメリットもあります。

時代の流れでしょうが、今の車のコンセプトは燃費や安全性にシフトしています。

インプレッサG4はそのコンセプトも兼ね備えつつ、従来通りのエンジンパワーも持っています。

レース用スポーツカーではない為、街乗りする分には十分な加速性能をもっていると言えるでしょう。

インプレッサG4のスペック情報・加速性能や乗り心地まとめ

インプレッサG4のスペック情報や乗り心地についてまとめてきました。

インプレッサG4は街乗りを中心とした走りでは十分なスペック・加速性能を持っていることがわかりました。

また、乗り心地に関する評価がとても高く、安全性能にも注力していて安心して身を任せられる車に仕上がっています。

個人的にもスバル車特有のマフラー音「ド、ド、ド、ド」という、通称スバルサウンドは乗っていても心地のいい響きで、とても気に入っています。

簡単ではありましたが、インプレッサG4という車の特徴や良さを少しでも感じてもらえたら嬉しいです。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/special/photo.html

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク