インプレッサG4の内装情報!内装色・内寸、おすすめの内装改造はコレ!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

みなさんは車の内装についてどんなこだわりがありますか?

車の内装は外観と違い常に触れる部分なのでこだわりを持っている方もいると思います。

女性の方でも内装をカスタムする方もいるくらいですからね。

人によっては車を購入する際の決め手に内装を重視する方もいるのでは?

そんなみなさんの為に今回はインプレッサG4の内装について解説していきますので是非注目して下さい。

スポンサーリンク

インプレッサG4の内寸情報

インプレッサに限らずですが内装は各メーカーこだわりを持って開発してます。

長時間運転しても疲れにくいシートや表皮、使いやすい位置にどのスイッチを持ってくるかなど試行錯誤しながらメーカーも開発してます。

ただ人により好みがあるので実際は乗って感じてみる他ないです。

まずはこの内観を見て下さい。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/design/interior.html

こだわり抜いたスバルの傑作ですね。

内装を解説する上で大切なのはまず室内空間はどのくらいあるのかというポイントです。

インプレッサG4の室内空間を内寸として表示したものはこちらです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/spec/spec.html

インプレッサG4の内寸
  • 室内長:2085mm
  • 室内幅:1520mm
  • 室内高:1200mm

天井が高ければ空間が広く感じますのでそういうタイプがいいか、横幅が広ければ運転してて楽なのでそのタイプがいいか好みは人それぞれですよね。

インプレッサG4の場合はセダンタイプなので天井が高いというタイプよりは横幅が広いタイプの車です。

スバルがインプレッサG4を開発する上でこだわりのポイントでもある長時間運転してても疲れずらいシート、この車の特徴でもあります。

その他、実用的な使いやすさにもこだわりがあります。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/utility/package.html

セダンタイプの車の弱点でもある荷物を積めるトランクスペースも大きくとっています。

ゴルフバックを積んだらパンパンだった昔の車種に比べ、ゴルフバックを積んだ他にバックやスーツケースなども入るトランクはこだわりのポイントですね。

改善しているポイントとしてはトランクスペースに奥行が広がったところですね。

実際には色んな使い方が出来る仕様になってますね。

スポンサーリンク

インプレッサG4の内装色情報

インプレッサG4の内装色について解説します。

機能性はもちろんですが、内装色にもこだわりがあります。

シート

まずはシートに関してですが、大きく分けて2種類に分けられています。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/360view/card/interior/seatvariation.html

全グレード共通でシート色は黒系の色に統一されていて、シートの材質で違いがあります。

  • 1.6i-L ⇒ トリコット×トリコット
  • 2.0i-L・S ⇒ トリコット×ファブリック(シルバーステッチ)

メーカーオプションにはなりますがもう一つの種類はブラックレザー(本革)のタイプのシートです。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/360view/card/interior/seatvariation_5.html

見た目も良く高級感があるレザーは、汚れも拭きやすく手入れもしやすい実用性も兼ね備えています。

こちらのオプションは年数が経っても味がでておススメのオプションです。

パネルタイプ

こちらも2種類に分かれています。

1.6i-Lに採用されているのはカーボン調タイプ。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade1

2.0i-L・Sに採用されているのはダークシルバー金属調タイプ。

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/grade/grade.html#grade3

一見あまり違いがわからないように見えますがパネルの色が違うだけでコックピット周りの印象がだいぶ変わります。

小さな部分にもスバルのこだわりが見えますね。

その他

オーディオ周りやドアパネル・フロアにいたるまで全体的に黒で統一されています。

とても統一感があり深みがある室内空間になってます。

センターコンソール周りも見事に統一されていますね。

コンソールオーナメント

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/design/interior.html

コンソールリッド

引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/design/interior.html

特にこのコンソールは一見普通の見た目ですが、長時間腕をおいても蒸れないようパンチング加工されていて、通気性良い作りになってます。

こういった小さなこだわりがスバルらしいですね。

スポンサーリンク

インプレッサG4の内装改造方法!おすすめのカスタムパーツ?

ここで内装を改造したいというみなさんにおすすめしたいパーツを紹介します。

なかなかドノーマルの状態で乗られる方も少ないかなとも思いますが、みなさんも少なからずクッションを置いたりと、何か一つでもカスタムしてるかと思います。

すごいこだわりでカスタムしてる方もいると思いますが簡単に出来るカスタム方法も紹介します。

フットランプ

まずは王道のカスタムパーツ。

ディーラーオプションとなっていて自分で取り付けするのはちょっと難しいので、購入時に一緒にお願いする方が多いですね。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/interior/

お値段もお手頃になっていてドアを開けたときは明るく、走行中は減光してフロアを穏やかに照らすナイトシーンに活躍するアイテムになってます。

インテリアシリコンシート(グレー)

初心者の方でも簡単にカスタム出来るパーツと言ったらこれです。

座面を綺麗にして貼り付ければ取り付け完了です。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/interior/

内装品保護の観点もあり、ちょっとした色合いがアクセントになりおしゃれな見た目に変身します。

滑り止めにもなっていて機能性も抜群です。

オールウェザーシートカバー&トレーマット

アウトドアをする方にはこちらの2点がおすすめです。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/interior/

オールウェザーシートカバーはアウトドア時も気にせず乗り降り出来るし、車内を汚さずに済む機能性に特化したカスタムパーツです。

引用:https://www.subaru.jp/accessory/impreza/interior/

トレーマットは取り外して水洗いできるので繰り返し使えます。

 

カスタマイズは使う人の用途や好みに合わせて自由に出来ます。

自分が使用する上で必要なものを置いたり、加飾を変えたりするのもありですね。

どうする事が正解なんて決まっていませんから自分好みのカスタムで、インプレッサG4をより機能的にしてくださいね。

インプレッサG4の内装色・内寸、内装改造まとめ

インプレッサG4の内装色やカスタムについて紹介してきました。

インプレッサG4の内寸を数字で説明しましたがピンとこない方は実際に見て感じるのが一番です。

気になる内装の色やスバルのこだわりも紹介しましたのでどのタイプがいいか悩みますよね。

購入するにあたりどんな用途で使おうか決まっている方は、アクセサリーカタログを見てカスタム方法を考えるのもワクワクしますね。

その際は紹介したカスタムパーツも是非参考にして下さい。

内装品は実際に見て感じる事が一番なので是非実車を見てサイズ感や色合いを見て下さい。

アイキャッチ画像引用:https://www.subaru.jp/impreza/g4/360view/card/interior/seatvariation.html

インプレッサスポーツが値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザ紹介します!

こんな悩み、ありませんか?
  • 「買いたいけど・・・高いなぁ・・・」
  • 「頭金入れる余裕が・・・」
  • 「ボーナス期待出来ないし」
  • 「値引き交渉苦手なんだよなぁ」
  • 「ディーラー色々回るの面倒・・・」
  • 「ディーラーの売り込みが・・・」
  • 最安値で手に入れたいけど・・・」

などなど・・・
インプレッサスポーツの購入を
検討しているけどいろいろと問題が

と悩んでいる方が
とても多くいらっしゃいます。

インプレッサスポーツの情報を
ネットや友人から集めても
なかなか有用な情報が得られず

家族に相談しても、
「じゃぁ安い車でいいじゃない」
と聞いてもらえなかったり・・・

そんな方におすすめの裏技
ご紹介します!!

下取りは一括査定サイトが断然お得に!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が吊り上がるのです。

スポンサーリンク